ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2005年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

名前の呼び方と関係性

今クール、唯一見ているドラマが「電車男」。
素直に主人公を応援したくなるところが共感を呼ぶのだろうか。ダメ人間が活躍するパターンは分かっていても、味方をしてしまう。
好きな相手と出会ってから、距離を近づけて行く過程で、いつタメ口になるかって結構重要なポイント。このドラマの主人公はまだ丁寧語で、そこがなんとも初々しい。言葉は相手との距離を決定する上で、かなりキーになってくる。私自身の経験も含め、それを変えることで変わったことも大いにある。
龍狼伝という漫画では、周瑜(三国志の呉の孫堅の息子孫策と幼なじみであり、陸遜とともに呉の参謀)の奥さんは夫に対し、本名で呼ぶことはなく、敬意をこめた言葉遣いをくずすことはなかった。夫への愛を色あせないようさせるためだと言っていた(漫画の世界なので、それが史実かどうかはわからない)。たぶん、そういった間柄なら話し方をくずしたほうが一般的かと思う。女性の力(power&strength)が強くなった現代でこういった考え方は古いかもしれないが、相手との関係でマンネリ化にならない方法としてこういうのも一つだ。
呼称や会話のスタイルで関係を決定するなら、しずかちゃんに”のび太さん”としか呼ばれたことのないのび太はどうやって、結婚までこぎつけるんだろう?
そういえば、6年も付き合っていてまだ、彼女に苗字プラス”さん”づけで呼ばれている先輩がいることを思い出した。そこは敬意とか、亭主関白な雰囲気はないので、とても不思議ではある。
もしかして呼び方はそんなに重要じゃないんだろうか・・・
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-12 02:03

バイトのあとバイトのパーチー

久しぶりのバイト。今日は昨日の棚卸明けということで、納品数が多かった。持ち場である売り場のクーラーが壊れていて、暑かった・・・
バイト後は前のバイト先のプチ同窓会。辞めた人や現役の人も新旧いろいろ。
実験でマウスの指を切ると、必ず「チュウ」と鳴く話を当たり前のようにする薬学部のB型。
満腹感が嫌いで、いつも腹八分目をキープする彼氏をもつしっかり者のAB型。
デザイナーではなく、パターンナーにこそ創造性を見出す服飾の学校に通うO型。
今度、金魚救いの大会に出る予定のよくO型に間違われるめがねの似合うB型。
半年以上も左ミラーで右隣車線を見ていた、甲子園好きのA型。
バイトの蟹剥きエビ剥きで、手がボロボロにやられた看護士志望のA型。

みんなバイトで知り合った人だけど、辞めてもここまで関係が続くなんて。
今もそこでバイトを続けている人は、店長が変わってからあまりシフトに入れなくなった(人件費削減のため)と、一様に語っていた。長時間の希望で出しても、短時間で入れられるそうだ。新しい店長がワークシェアリングの効果について考えているなら、それはエライと思う。しかし、半年以上時給アップが見られず、その会社の社長は豪邸を建て、社員の待遇もひどい事実を見れば、会社は単に費用を抑えたいだけ。学生のためにももう少し優しくしてあげてほしいなぁと思う。私自身まだ若いと思っているので、私も含め、若者は先っぽアーティスト(である可能性の)割合が高いと考えており、彼らが夢見たことにできるだけ近づかせてあげたいと、思う。思ふ。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-11 02:12

文化とは食であると言っていた人もいた

今日は食い歩いた。
寿司、スタバのマンゴーフラペチーノ、牛すじカレー、桃。
普段の食生活から考えられないくらいの豪華メニュー。少しは太れたかな。
明日は久しぶりのバイトで、また体をひきしめて。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-10 02:10

甲子園とそうめんなしでは夏ではない

あ~気持ち悪い目覚め。
昨日調子に乗って、サントリーニューオールドを飲みすぎて、いつの間にか友達の家の廊下で寝ていた。もちろん朝は気持ち悪く、何年ぶりかの二日酔とかいうやつで、這ってうちに戻ってもずっと寝ていた。胃にあったものは全部なくなったけど、食べても胃が受け付けないだろうから、ちびちび水分をとり、アルコールをうすめる。
ちょうど郵政民営化が否決されたあたりで起きれるようになり、ずっと甲子園を見ながらネットをポチポチ。今日の2,3試合目に限って言えばどちらも好勝負だった。甲子園の1試合平均の試合時間は2時間だそうだ。メジャーリーグは2時間半で、日本のプロ野球は3時間以上。プロ野球はますます遺物と化していきそう。
今日唯一の食事はそうめん。普通のそうめんじゃ~ない。揖保の糸という高級なそうめん。糸のように細くて、食べやすい。ただ、あまりに細くて、うちにあるざるではうまいこと水切りができない。やっぱり、貧乏人には高級食材は適さないんだわ。ざるも高級じゃないと食べちゃいけないんだわ。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-09 01:34

雲よりは小さいク・ナウカ

駅に向かうときに見た雲がすごくキレイで、とてもおいしそうだった。空の青と本当の気持ち。
昨日に引き続き、びわ湖ホール。ク・ナウカ「王女メデイア」
今日は早めに行って、ビデオ鑑賞もする。新宿梁山泊「少女都市からの呼び声」。
梁山泊は一度だけ見たことがあり(「唐版風の又三郎」)、今でもあの衝撃が忘れられない。唐十郎の本に対し、素直に素直に体当たり。今回見たビデオでは主宰の金盾進が出演していて、唐組で唐が演じるようなポジションであったが、唐よりは物足りなかった。妹を探す兄、ガラスの人間になってしまった妹。形あるものはいつか壊れてしまうけど、形のない記憶とか縁も実は壊れるもの。自分の体の中には、いろんな生死が内包されていて、その事実は意識しなければ気づかない。ガラスって透明だけど、ちゃんとある。ふとしたことでなくなることもあるけど。ロマンチックな作品だった。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-07 22:42 | パフォーミングアーツ

言葉だらけの舞台

びわ湖ホール初とともに、今話題ナンバーワンのチェルフィッチュも初鑑賞。
観客に集まった面子を見ても、今回の公演に対する期待が伺えた。私の隣でFrance_panの主宰が「今ここを爆撃されたら、関西演劇界は終わるな」と言ってたのは全く冗談ではないくらい、一緒の空間にいるだけで緊張するような空気だった。そんなことはつゆ知らず、「それじゃあ、始めま~す」の声で始まる、目的地。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-07 01:53 | パフォーミングアーツ

8月6日

本を返しに大学まで行く。今日は時間はかかるけど、最も安くいける経路を試してみる。今日は気温が37度もあったみたいで、外での焼けるような空気も部活時代を思い出して、耐える。
ちゃんと予定通り勉強が出来た。勉強がうまいこといっただけで、なんだか充実感。
筑紫哲也のおかげで、帰ってきたら終戦三昧。最後に元ちとせと坂本龍一が「死んだ女の子」を歌っていた。気づけば生の元ちとせは初めて。ちょうど留学行く頃に「ワダツミの木」が802で流れていたので、声と顔だけは知っていたくらい。
終戦の特集を見て、一昨年の広島旅行を思い出し、自分が今勉強していることの価値がわからなくなってきた。「あの日も暑かったんだ。毎年暑いんだ。」と語ったおじいさん、「子どもが産みたかった・・・」と泣きながら体験を語ってくれたおばあさん。ひときわ声が小さい小泉と、大きな声の広島市長。8月6日の広島はいろんな人の思惑が集まっていて、アツイ。慰霊する人も、戦争の是非を訴える人も。右翼の宣伝車は当日は車両通行禁止なので、前日までは大騒ぎ。あの人たちには戦争が全てだった。セリフがどうとか、身体性がどうとか、舞台でのパフォーマンスに関して語る自分も、生死を前にしたらそんなことどうでもよくなってくる。戦争というものに対峙したとき、その大きさに何もできなくなる自分が今からでも想像できる。
きっと多くの人が、自分の生活を侵されて初めて「NO WAR」を唱えるんじゃないか。私の目に映るものは、消えて欲しくないと思っているが、厳しいんだろうな。権力がある人の中に戦争が好きな人がいると、非常に困る。私はその人の生活を邪魔しないから、私の生活もそっとしておいてほしい。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-06 01:53

やっぱり暑さは変わってないや

早朝、家に帰ってきて、寝ようかと思ったけど意外に眠くなく、掃除洗濯を済ませてしまう。午前中は自堕落に、三国無双をやっていた。三国時代のゲーム。新しいキャラを出して、一苦労。気づいたらもう午後だった。
午後はずっとやっていなかったデータの整理をする。気候が実家よりも熱くて蒸して、扇風機様様。
夜はバイトの飲み会。辞めてしまう人が二人もいて、わりと仲良かったひとだから、結構寂しいけど、飲み会は楽しかった。社員さんも、主婦の人もたくさん。多くの主婦に「いくつに見える?」って聞かれたけど、多少若く言っといた。見る目ないね~って言われたけど、正直40以上は区別つかないって。日本酒もさんざん飲んで、よく話をする若い男の社員さんとサッカー話で盛り上がる。漫画の話や、夢の話。その社員さんが実は、サッカーに携わる仕事をいまだに志していること。自分も夢を追うほうだから、負けないよう実現したい。二次会はカラオケだけど、そんな元気もないので見つからないようこそっと、帰る。前のバイト先に寄ってみたら、たまたま友達が入ってて、絡んでみる。ラストでよく一緒に入ってた子で、話し方とか雰囲気が私と合っていて(と勝手に思っている)、例の服飾の専門に行ってる子。廃棄をわけてくれて、久しぶりにマンゴーをいただく。今月10日に前のバイトの集まりがあって、そのときにまた会える。その集まりは結構大勢来るので、楽しみ楽しみ。今日も人とよく話した。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-05 02:59

帰省五日目

今日で最後の実家。
午前中は一足先に飛行機で九州へ行く彼女を見送りに、仙台駅まで行く。空港へはそこからリムジンバスなのでバス停まで。
そのまま妹と一緒に、前回見つけられなかったサンダルを見に行く。昨日見ていたので大体のめぼしはついていた。その店に行く途中もいくつか回ってはみたが、やはりイマイチだったので、結局昨日見つけていたものを買う。小学六年生の妹が自分とそんなに変わらない足の大きさなのにビックリ。来年にはまた足が大きくなってるかもしれないが、サンダルはピッタリめがいいだろうと、ジャストサイズのものを選ぶ。パンツよりはスカートの方が似合いそうな、履きやすさ重視のもの。ビーチサンダルより、足がキレイに見える。
帰宅してからはまた妹と「着信あり」を鑑賞。途中からだったので、教えてもらいながら見た。ストーリーはそこまで複雑じゃなかったけど、ラストがどうなるんだろうと思って見ていた。ラストは結構怖い。念は消えないみたい。
14時くらいに昼食を食べたのに、夜行バスの時間に合わせるために17時半に夕飯。結構無理した。出かける間際に雨が降り出し、父親に駅まで送ってもらう。写真好きの父は最期までカメラを放さず、パシャリ、パシャリ。
バスは二階建てバス(こんなときも建てるって使うのかな?)で、運良く上だった。定刻通り出発。こんな時間に眠れるわけないと思っていたら、そんなことはない。音楽を聴きながらも20時にはもう・・・
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-04 08:16

帰省四日目

今日もゆっくり起床。
ビデオを観るという仕事が待っている。というのも、妹が高校で吹奏楽をやっていて、5月にあった音楽祭のビデオを観ろ観ろとずっと言われていたので、帰省4日目にしてようやく鑑賞。あさってには県大会があるのだが、明日には大阪に帰らないといけないので観ることができない。その意味でもビデオで。普段はマイペースでボーッとしてる妹が唯一シャキッとしているのを観れる瞬間でもある。エンターテイメント性あふれる舞台ではあるが、どうせやるなら羞恥心なんて捨てて、なりきってやってほしかったなぁ。「ガッツだぜ!」を歌う男の子が一番突き抜けていてよかった。ほとんどの女の子なんかは照れながらのパフォーマンス。人を楽しませるなら、恥ずかしいと思っちゃいけないよ。
見終わってから仙台に買い物にでかける。普段私が訪れる古着屋や、ひょうたん揚げのお店を回り、まだ仙台七夕前の街を満喫。セール品のシャツを一枚購入。
帰宅後彼女がアルバムを見たいというので、全部で20冊弱あるアルバムの最初の方を少し見る。全然記憶にないのも当たり前だが、自分が求められて生まれてきたんだなと思った。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-08-02 23:44