ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

確か去年の文化の日も、何か見ていたと思う。たぶん、水と油を。

朝起きて、ちょっと寝すぎた。
ギリギリに着いた、France_panの公演「スペアー」@independent theatre 1st。75分
これの感想は、別の記事にて。
ちょっと時間が空いたので、コーヒー飲んで、フランケンシュタイナー「ふたり I'm Alive」@アリス零番館-IST。170分



同和地区に生まれた両性具有の人間(それを演じる俳優は女性)が、小さいころは神と崇められていたが、女性として生きていくことを決め、結婚したが、ある日娘をレイプしてしまう。そこから、家族は崩壊していく。崩壊した家族から逃げ、ハム無線で知り合った人間のところに転がり込むが、その人は違う女性とくっついてしまい、怒って二人を撃ち殺す。同和地区の家族のところに戻った彼女は、夫と子ども3人を毒殺する。生きていることを実感しながら。
18禁というだけあり、かなり性的な表現をしていた。ただ、その性的な部分をはがせば、やっていることは、ずいぶんストレートで、同和地区に生まれ、両性具有という、他の人間達とは異なる点が多いため、不必要と感じ、差別される主人公が、「生」を獲得していくような話。とりたてて珍しくはない。メッセージなんてそこまで重要なことではなく、その形式にこそ、新しい道が開かれていると、最近は思っているので、それはそれでイイ。
舞台美術はなく、音楽はヘビメタ。時間は長い。どうでもよいところも多々あり、もうちょっとスマートにしてほしかった。
節々でストーリーにそった、主人公の独白と聖書の一節とを絡めた台詞を映写する。なんで、映像にしたんだろう。言葉に役者が耐えられなかったのだろうか。他の役者もイマイチだけど、役者は面白くない。好きか嫌いかって言われたら、そりゃ嫌いな作品だけど、やろうとしていることは認める。だって、映像化されないし、実演芸術でしかできないことだから。
同和とか、両性具有とか、特異な点を持つ人生だったため、ハム無線で出会った人に対し、普通になりたいとか、そんなことを言っていた。この脚本家も、刺激的な表現方法を用いているわりには、こんなもんかと思った瞬間だった。普通って何さ。同和地区に生まれたことも、両性具有も事実で、普通ってすごく主観的な言葉なのに、他人に「普通」を求めても、そんなものないし。脚本としてもそうだけど、台詞がなければ演出が成り立たない技術にも、メッキに頼りすぎてるなぁ、という印象を受けた。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-11-04 01:28 | パフォーミングアーツ