ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

即座に興じる。

もっと早くに起きるつもりだったのに、起きたら昼だった。
来週実家から友達が来るので、掃除。拭き掃除。
予定よりも遅れたけど、出発。NO-MAへ(近江八幡)。
今日から始まるうごめくこころ展&オープニングイベントとして岩下徹の即興ダンス。
今回のうごめくこころ展は二人の作家が出展している。西川作品(陶器)はどの作品もすべて一日で作るそうだ。絵画を出展していた大船作品より、ずっと生命感あふれるものだった。大船が時間とか空間とか、包括的なことを扱うのに対し、西川は強く存在し、ただただ立っている。揺れても立っている。私達のような周りの人間が何を言おうと、彼は恐ろしいほどの集中力で、粘土をこねるだけなのだろう。
蔵の中で見る作品があったのだが、そのうちのひとつである壺(西川作品)の中に水が入っていた。覗いてみると、少しだけ水面が揺れている。最初は自動でうごめくようにされていたのかと思ったが、それは私が作品に近づくことで、床がきしんで、壺がかすかに動いていただけだった。そして、そのまま横にある、大船作品に目を移すと(黒地に白い霧のような靄がかかっている。蔵の中が薄暗いのであまりはっきりとは見えない)、その作品の白い部分が動いているように見えるのだ。風のない場所のタバコの煙のように、ゆらゆらと。それは確実に錯覚なのだが、二人の作家が出会ったことで産まれた作品だと思った(ちなみに展示の構成は大船氏)。この関係性は他の作品群でも見られる。
6時になると、岩下さんが踊りだした。



インプロを見るのは初めてかもしれない。作品に観客に近づきながら、汗だくになりながらも、息遣いは聞こえない。BGMは犬と雀の鳴き声。おなかで息をしているので、決してゆるりと踊っているのでもない。
観客の目の前に立ち、目を見つめ(私も見つめられたのだが、ドキリとするほど視線に迷いがない)、ポーズを真似したり、作品をなでたり、なぞったり。アフタートークでわかったのだが、こうしよう、あぁしようとか考えながら踊っているのではなく、体が勝手に動き出すそうだ。意識は幼子の母親のように、モラルを守るために常にあとからついて回る。作品の場所、観客のいる場所がすでに空間を占有しており、その空間をぬうようにしか踊れない、という意味では窮屈な体だ。ただ、踊り全体に大きさは感じられず、どちらかというと、作品と観客とのコミュニケーションに重きを置かれていた気がする。実際に発話しない体で、一生懸命にコミュニケーションを取ろうという姿勢を感じたのだが、途中でそれに飽きてしまったのも事実。話しかけるだけではなく、ぷいっと横を向いてしまうような軽い意地悪、そんな突き放すような瞬間があれば、私は「ちょっと待ってよ~」とついていく。例えは悪いが、アイドルの握手会のような、こころの向きがイマイチ噛み合っていない雰囲気。初対面だから仕方ないのだが、「うごめくこころ」のわりにはどうも嘘くさ~い感じだった。作品との距離に、超えていない一線、縮めてほしかった一歩があった。最後のシーンは、庭に面した扉を開け、外に出る手前で終わった。そういう踏ん切りの悪さが残った。
インプロが作品として成立するのは、表現者がその場所との多くの対話を行った上で、心地よいコミュニケーションが行えるのであり、野間邸と言う、建物の記憶が宿った場所において、岩下さんの踊りは悪い意味でのアウトサイダーだったように思える。
夜は、前のバイト先でお世話になった人が転職するので、その送別会。
ラグビー部時代以来のピッチャーで呑む。騒ぎ呑んで、楽しい面子との会話も弾む。
帰宅、五時半。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-04-29 05:45 | パフォーミングアーツ