ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

女川のドラマ。

サッカーのヨルダン戦が始まるまで、たまたまつけていたテレビドラマ「ラジオ」。
サッカーが始まるまで、と思って観ていた人も多かったんじゃないか。結局、サッカーを途中からにして、ドラマを終わりまで全部観てしまった。
女川さいがいFM に参加する高校生の女の子が、一歩を踏み出す話。
何度も泣いてしまった。

More
[PR]
# by tsubasahappy | 2013-03-29 03:48

大阪場所。

大相撲のバイトを、15日間完走。
毎日間近で力士を見て、毎日取り組みも見れて、ラッキーだった。
相撲って、ご当地感というか、おらが町の、という感覚が強いみたいで、各力士の地元から、法被を着たり、応援グッズを持ってはるばるやって来る人たちに、いいなぁと思った。
個人的には、元魁皇と、元千代の富士に感動した。元高見盛は、現役力士よりも人気がまだあって、お客さんに見つかると騒がれるので、二日目か三日目から、ずっとマスクをしていた。
力士ってただ太っている人じゃなく、背中の筋肉のつき方とか、土俵上の俊敏さは、近くで見てようやくわかった。この15日間で、ずいぶんと力士の顔を覚えたぞ。

秋の公演に向けて、ランニングを始めた。まずは、5kmを余裕で走れるように。
[PR]
# by tsubasahappy | 2013-03-25 00:35

いいのか悪いのか。

・大阪から仙台に、LCCのピーチが就航した。これで帰省しやすくなった。
・アレッポの石鹸を買いに近くのハンズに行ったら、店員さんが内戦でもう入ってこないと説明してくれた。それはもう絶対無理だろうと諦めて、他の似たような商品を物色していたら、倉庫からエクストラ(ローレルが入った、ちょっとイイやつ。値段も1.5倍)が見つかったと、持ってきてくれた。良かった、良かったと、二つ買った。
・下鴨車窓「煙の塔」@アトリエ劇研を見た。あの寓話を、「今」的に解釈しようと考えてみたけど、ちょっと弱くて物足りなかった。いい意味でも悪い意味でも、京都でしか成立しないのかなぁ、と感じた。
・年間に払う保険料が、こそこ大きいから、せめて病院の一つにでも行っておかないと、癪だなと思って、歯医者に行った。でも、磨きすぎて、知覚過敏になっているうこと以外(一部に沁み止めを塗ってもらっただけ)、あとは何も問題なかった。いいのか悪いのか。
[PR]
# by tsubasahappy | 2013-02-01 20:23

年の瀬と年始。

・小沢昭一が亡くなったということは、自分にとって、大きなニュースではなかったんだけど、松本さんと話していたときに、実は母親がいつも晩ごはんを作るときに聞いていたラジオ番組をやっていた人だったということを知った。名前は覚えていなかったけど、あのジングルと永六輔の名前が聞こえていたことで、ハッと思い出した。ただ、謎なのは、松本さんの話では、結構下ネタが多かったということで、母親が長年どんな風にあの番組を聞いていたのか、ということ。

・今年の大きな予定は立ったので、今年の劇団としての目標を密かに立てた。個人の目標は、引き続き断捨離を継続しよう。

・30代の生き方をプランしようと思う。

・日体大、往路優勝良かった。3年生キャプテンで、初の予選会からという特集が、この前TVでやってた。
[PR]
# by tsubasahappy | 2013-01-03 00:00

ハマカーン。

THE MANZAI ハマカーンが勝ってよかった。ウーマンラッシュアワーを応援していたけど、予選でどちらも良くて、どっちがいくかなぁと思っていたら、ハマカーンがいってそのまま。アルコ&ピースは、確かに良い切り口だったけど、決勝での新鮮さがなかった分、ハマカーンに負けちゃった。ハマカーンの涙には、もらい泣きしそうになった。

自民党では、何も良くならないと思う。
[PR]
# by tsubasahappy | 2012-12-17 02:17

吸いこむ期間。

KIKIKIKIKIKI「結婚」「戯舞」@アイホールを観た。Take a chance のラスト3作目&きたまり未見だったので、どんなもんだろうと少し期待していったけど、WS発表会みたいな作品でがっかりだった。
ストラヴィンスキーと日本の伝統芸能という、巨木に挑んだ結果、足元でみんな楽しく遊んでいただけ。“真摯に”という言葉を、チラシで使っていたけど、それにしては時間も作りこみも足らず、面白い人たちが集まってくれて良かったね、みんなハッピー、という感じ。先日見た、エル・グレコ展は、まぁ、宗教画が多かったわけで、画家一人にあれだけの想像力を見せられたら、この作品には出演者も20人以上いるんだから、舞台にあがる作品としては、もっと想像豊かであってほしい。唯一の収穫は、カンパニーのダンサーが踊っているのを観れたことだけだな。
ちょっと前に、努力クラブ「旅行者感覚の欠落」@元・立誠小学校も観た。学生の頃の自分たちのことを思い出した。あの、舞台に全然お金がかかっていなくて、衣装だけは自前で用意できるから、そこだけ豊富な、アンバランスな感じ。演出家として、できることはもっとたくさんあるはず。もっと客席から作品を見たほうがいいと思う。あとはね、やっぱり舞台には男前とべっぴんさんがいた方がいいな。軸となる登場人物に、気持ちが寄れなかったのと、作品のつかみの部分が瞬発的な大声と暴力による、身内感たっぷりな雰囲気で、一気に舞台と距離が空いてしまったな。
[PR]
# by tsubasahappy | 2012-12-15 22:22 | パフォーミングアーツ

町のお菓子。

実家から送られてきた、藻塩クッキーを友達にあげたら、とても評判が良かった。裏面を見ると、おらが町のお菓子屋サントノーレ。次は、われらの土井製菓のコーヒーロールを。

そういえば、夏の公演のときに広島のお土産でもらったものは、洋酒にタップリ浸かったカステラ。その人は、好みが分かれるだろうけど、と言ってくれたけど、うちの事務所では好評だったし、私もおいしかった。
それに、妹の住む埼玉の深谷市のゆるキャラ、ふっかちゃんのサブレも、お土産でもらって大好評だった。
[PR]
# by tsubasahappy | 2012-12-09 10:04

エンジョイ、東京。

帰省して、そのあと東京で仕事をしていた。
実家では、友達の子どもたち(1歳以下)と遊んだ。志賀理江子の展示を見に行くついでに、メディアテークにも行って、以前お世話になった人に会ったら室長になっていた。石巻の漫画館に行ってから山に登って、街を一望した。至る所がきれいになっていた。たくさんの草地になっていた。静かな街だった。

東京では、F/Tのお手伝いをして、初めてフェスティバルをエンジョイした。アゲインスト・アゲインスト・トゥーループ『アメリカン・ドリーム・ファクトリー』、グリーンピグ『ステップメモリーズ』、ポツドール『夢の城』、勅使河原三郎『DAH-DAH-SKO-DAH-DAH』。久しぶりに連日芝居を見る日々だった。合間に、深谷で妹たちに会ったり、大学の友達と飲んで、そのとき教えてもらった、ヴィトンでのエルネスト・ネトを観たり、大学の友達のお店(CHEESE STAND)に行ったりした。そうだ、F/Tのクロージングパーティーのときに、たまたま東京で役者をしている友達にも会ったんだ。楽しかったなぁ。いろんな人に会ったなぁ。仕事と言っても、本気仕事だったら、こんなに時間はないので、お手伝い仕事だからこその気楽さと自由さ。
帰阪最終日も、A級MissingLink『限定解除、今は何も語れない』+三角フラスコ『あと少し待って』を観た。

志賀理江子とエルネスト・ネトは、よく知らないまま行ったけど、どちらも良かった。舞台では、グリーンピグが最も印象的だった。見た直後より、数日してからゆっくりと深くなった。

30歳を過ぎて、いろんな人と再会すると、その人たちがそれぞれの場所で、きちんと生きた証を残しているのに出会う。そういうのが面白いなと思う。
[PR]
# by tsubasahappy | 2012-11-29 02:07 |