ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

タレ目界のプリンス。

タレ目と言えば、石野真子かILMARIというように、タレ目界を代表する男前ILMARIが熱愛発覚。お相手は・・・。昔友達が、京都の伊勢丹で、トークイベントの警備のバイトをやっていて、そのときのゲストが、そのお相手の彼女だったわけだけど。あまり性格がよくなかった、と言っていた。そういうのって、画面を通しても伝わるもので、あの人の魅力は私には、全然響いてこない。だから、今回の熱愛報道は、ガッカリだった。
105円のものしか買わない、ピューッと吹くジャガーだが、この前、新に5,6,7巻を見つけた。やっぱ、面白いなぁ。ハマーのいじめられっぷりとか、冷やっこかと思ったら、ナタデココだったりするとこ。

6月末に、友人がこんな企画をします。個展とイベント。場所はOZC GALLERY+CAFEです。私もお手伝いしてます。
梅田さかさまマップ
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-31 01:15

カッコいい大人。

うちの主宰に役人が、文化行政の未来について、意見を聞きにきたのと、夕方から一件打ち合わせが入っていたので、久しぶりに長い時間、事務所で作業していた。
打ち合わせが終わってそのまま、話は芸術の話に移行した。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-29 02:59

なんで楽しいのか。

大学の入学の頃からの友達と、飲みに行った。寮に住んでいたときからの友達で、こうして飲みに行くのも、久しぶりだ。友達二人も、演劇をしていて、この人たちが、私と演劇の仲人をしてくれた。飲み屋をはしごして、宴もたけなわ。楽しかった。
私は、こうして誰かと会って、自分がやっていることを話すとき、私のことを「やりたいことやっていていいなぁ」とうらやましがられるのが、嫌。だったら、やったらいいじゃん、と思ってしまう。もちろん、人には悩んだり、迷ったり、立ち止まったりするときはあるけれど、ずっと逡巡し続けることは、やっぱダメじゃん。人と会って、楽しい時間を過ごしたな、と感じるのは、そのときの自分の生き方に、自信のある人と話すこと。自信という言い過ぎだが、今は花開いてなくとも、何らかの確信がある人。それはある意味、バカになることと似ている。
もちろん、上記の二人は、信じて生きている人たち。だから、楽しかったんだろうな。

劇団四季が旭川市を訴えた。金金金かねぇ~。自分を盲信、自分を過信。最近覚えた言葉で言うなら、「何、ねむたいこと言うとんじゃ」です。
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-23 00:30

マスクマスクマスク。

マスク率がすごい。横断歩道で待っていれば、向かいで待っている人で、マスクをしていない人は一人だけ。学生がいないので電車の中も少ない。こんな休校で、学生ってどうしたらいいんだろうな。でも、今回の豚は、感染力こそすごいものの、毒性に関してはそこまで高くないようで、それなら、普段どおりの予防でいいんじゃないかと思った。手洗いとうがい。
マスクするのが嫌なのだ。マスクをすると、耳にかけるゴムの上にメガネが乗るので、メガネがずり落ちてくる。それがすごくストレス。
一部の音楽ライブは公演中止になっているけど、演劇やダンスはどうなっているのだろう。

バイト先で、ガラスの仮面を借りて、読んでいる。「おきゃん」という言葉が出てきた。演劇論は、今とは違うけど、ためになるところもある。
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-21 00:51

出会い方の創造。

先週は、友達のおかげで国立国際の杉本博司「歴史の歴史」に行けた。友達が誘ってくれて、自分も少し時間を都合したら、行けそうだったので、ミーティングの前にちょっとだけ行った。こういう風に少しの時間を工面して、行けるんだな。実際の展示は、放電図が一番面白かった。放電図と大昔の石炭紀の植物とに、なんとなく共通点を感じた。
先週1週間は、とにかく打ち合せやミーティングが多くて、5件。バイト後にあるときは、いつもパンを食べながら、自転車を走らせた。
どうにかそれもこなして、昨日は一日ポスターの撮影をしたら、今日のバイトはとても眠かった。座り仕事なのに、立っていないと、寝てしまう。ホント、眠気、負けそう。
今の職場も、もう2ヶ月経つので、みんなそこそこ慣れてきて、自分が演劇をしているということも、カミングアウトしている。その度に、ここのみんなに宣伝しぃと言われるけれど、ただただ宣伝をすることが、私にはできない。演劇と言っても、自分たちのやっているのは、一般的に見たらちょっと特殊だし、まずは興味を持ってもらわないと、どうにか実際一度見ても、結局見なくなってしまう、一見さんしか生み出さないので、それはいやだからだ。
自分という人間に対して、維新派に対して、興味を持ってもらって、ようやく時間と場所と、料金を教える。じゃないと、良い出会い方をしなければ、悪い別れ方しかしないので、定着しない。
そういうこと、大事だと思うな。本当は、もっとがむしゃらにお客を呼ぶことをやらないといけないんだろうな、と思うけれど。
来月、二年以上ぶりに、実家に帰ろうと思う。
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-19 01:39

陽のあたらない場所で。

一日、仕事をしていた。天気がいいのに、引きこもり。
最近は、清志郎や山口百恵をかけていたのだけど、今日は、紅の豚とアメリをビデオで流しながら、やっていた。
パソコンやりすぎて、頭痛い。
最近、麻婆豆腐を作ることにはまって、ずっと作っていた。なんとなく、それなりのものができてきたので、もうそろそろ、新しく簡単に作れるものを見つけよう。
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-13 02:10

何かを捨てれば、何かを得る。

バイト先は、女の人が多く、みんないつも話をしている。何を話すのかっていくらい、いつも。男性と女性の違いなのか、とりとめものなく話すということが、私にはできないので、正直、ずっとなんとなく話をしていると、疲れる。しかも、みんな自分の話が多いので、聞いているのが多くなるし。ダンナの愚痴とか話し出したら、長いし、内容もつまらない。
そんな中で、私に英語を勉強しろ勉強しろとしきりに薦めてくる人がいて、その人はたまたまうちの団体のことも知っていて、TOEICも880点取ったらしく、英語とイタリア語を勉強していて、ジムにも行っていて、とても努力家。たぶん、年は20歳くらいは上。
その人は、周りの人と話すのを、意識的に断っていて、特定の人とと、必要なことだけしゃべる。けれども、無愛想ではない。今日それを聞いてみたら、(その人の言葉を借りるなら)「12歳のときに、人間関係を自らたった」そうだ。人間関係を絶つというのは、ちょっと大げさだけど、中一のときに、女子の群れから独立を宣言した。群れて興味の無い人の話を聞く辛さと、一人でいる辛さとを天秤にかけて、一人でいる方を選んだそうだ。素敵な国語の先生に出会って、自分でそう決めたそうだ。そういう、はっきりしている人は、好感がもてる。
その人と、「花様年華」の話で盛り上がった。その人は、「ブエノスアイレス」の、眼下に川が広がるシーンを映画館で見ろと言っていた。あと、エドワード・ノートンの格好良さを知るために、「アメリカンヒストリーX」を見たらいいと言っていた。「25時」も。
映画、見なくちゃなぁ。去年の年末に、友達が教えてくれた、「ぐるりのこと」や「ラースと、その彼女」も。見なくちゃなぁ、いろいろ。
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-11 02:16

バイト中だけど。

バイトはすごく暇すぎて、みんなSUUDOKUしたり、クロスワードしたり、いろいろしているのだけど、自分も、TASCHENのエゴン・シーレを読もうと思って、辞書を引き引き読んでいた。単語がかなり難しくて、あまり進まなかった。
連休中は暇すぎる。
友達から清志郎への追悼でサヨナラCOLORを今から見ようと思うというメールが来たので、私も、サヨナラCOLORを聞いた。feat.忌野清志郎のやつを。哀しいなぁ。
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-05 00:26

GW唯一の遠出。

昼間、京都に芝居を見に行った。男肉 du Soleil 「MEAT COMPLEX 1928」@ART COMPLEX。
まだ未見だったので、一度観てみたかった。全体で4章からなる構成。初めの3章は、テンポ良く進んだ。最後の章はすごく長い前フリで、最後にオチがつく。やりたいことはわかったけど、ちょっと長すぎる前フリだった。同じ列の人も何人か寝ちゃっていたし。
同じART COMPLEXで観たせいもあると思うが、コンドルズに似ているなぁと思った。バカバカしい内容で、群舞で、爽快感。自分たちの特徴もきちんとわかってやってるなとも感じた。使っている音楽やネタが自分の世代と丸かぶりだったので、きっと同じ年代なんだろうな、と思う反面、今後もこの方向でやっていくのは、少し難しいなとも思った。彼らのネタに反応できるのは、限られた世代の人だけなので、きっとどこかでお客が頭打ちになる。そういうときに、どうするんだろうな、と思った。
お客さんの上演中の飲食、撮影を許可していたことは、いいことだと思う。芝居は敷居の高いものではなく、飲食しながら、見れるような気軽なものでいいが、たまたま前に座った人が、誰かの親なのか、上演中に何十枚も写真を撮っていた。暗転中でもフラッシュ付で、もちろんサイレンサーなんてない。いくら写真撮影OKとは言え、すこし度が過ぎているし、あれは周りのお客にも迷惑と呼べるくらいだったと思う。完全に舞台写真を取る人だった。一般のファンを越えていた。もちろん、枚数で何枚までOKなんてことはできるわけないけど、せめて、枚数を取る人の席をゾーンで限定するとかノーフラッシュにするとかしないと、あれは問題があると思った。
夜は大阪で、昔のバイト時代の人たちと飲んだ。たまに集まって、顔見て呑めめば、それでいい。
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-04 01:42 | パフォーミングアーツ

溝。

職場は、自分の母親くらいの年代の人から、30代の人もいるけれど、女性が多い。
仕事の内容は電話の対応なので、ある程度ルーティン化するけれど、それでも、徐々に情報が更新される部分もあり、それにより対応が変わる。
最近は、内容の激しいクレームが多く、あらゆる電話に対応するオペレーターと一般オペレーターに対応できなかった激しいクレームに対応するリーダーとで、溝も出てきてしまった。リーダーは激しいクレームをなくすために、クレーマーへの対応方法を新に考えだし、それを実行してほしいと言うけれど、それはどうしても生まれる数%のクレーマーを優先し、他の大方の問い合わせ客を大事にしない、言ってみればこんな感じ。
各オペレーターたちは、数%のクレーマーなんて、そのときに対応したらいいじゃん、今までの対応を変えてまで、大多数の問い合わせ客を大事にしないのは、どうかと思う、ということで、納得がいかない。
うちのリーダーは、あまりフォロー上手ではないから、なおさらそんな風に思われてしまうんだろう。リーダーの人選が誤っている部分も、否めない。仕事の理屈としては、みんなどうしても納得できないので、どうにか、オペレーターたちの人望を集めるなり、感情的に理解してもらうしかない。こういうのって、どの場所にもあるんだろうな。自分にも、置き換えて、いろいろ考えてしまう。

キヨシロウさん、好きでした。ありがとう。僕の好きな先生。
[PR]
by tsubasahappy | 2009-05-03 11:04