ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のコメント
就活は、時間だけじゃなく..
by tsubasahappy at 13:34
お久しぶりです! 講演..
by ニシワキ at 21:41
久しぶりだねぇ。元気にし..
by tsubasahappy at 01:57
翼さん、お元気ですか? ..
by まりりん at 03:09
>いわさきさん 僕もテ..
by tsubasahappy at 02:43
あんま知らんけど、てか知..
by たていし at 15:15
かつて「図書館以外の公共..
by いわさききえ at 17:18
お互い、ですね。 本年..
by tsubasahappy at 02:43
遅ればせながら、本年もお..
by 岩崎きえ at 20:33
それはあるかもしれないね..
by tsubasahappy at 02:57
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

久しぶりに長く書いた。

昨日の友達のところで話題になっていた、マズローの欲求段階説のことを考えていた。
これ参照。
昔、大学院のときに授業で先生が言っていたなぁと思い出した。たしかに、言われてみたら、そうそう、とうなずけるところはあるのかもしれないけれど、これは私みたいな仕事をしている人間からすると、決定的な誤りがある。
つまり、これって第一段階の生理的欲求を満たさなければ、図式で言う、より高度な次の段階に進めないということなので、そうなると、芸術は時間と金の余剰生産物という永遠の敵と同じような考え方になってしまう。
だから、僕らとしては、各段階の欲求は全て、フラットで、並べなきゃいけない。演劇や、絵画や音楽は、生きていく上で必要です。それは、生理的欲求と同じですというレベルから、始めなきゃいけない、無理してでも。というのが、私の立場から言わなくちゃいけないこと。
でも、やっぱりこれってじゃあ、食べる物がないのに、活動続けれますか?って言ったら、きっと迷うだろう。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2008-07-28 01:59 | Comments(0)

新婚さん、お邪魔します。

今年、結婚すると聞いた友達は多くて、直接の友達は、すでに4組もあって、去年に比べて、ずっと多い。
そんなうちの一組である、高校時代の友達のところに今日はお邪魔してきた。高校時代のクラスメイトで、卒業してからも1回しか会わなかったのだけど、この前突然電話が来て、聞いたら上本町に住んでいるらしく、事務所から稽古場に行く途中にいつも通っていたマンションに住んでいた。
彼の大学時代の友人達に混じっていわゆるホームパーティーに招かれたわけだけど、思いのほかというか、初対面のわりに、気兼ねなく、話せた。いつもは、飲み会と言っても、まわりへの気配りやお金のことをやるので、今日は、完全にゲストだった。
学生のころに戻ったような気分だった。
少し酔った。
[PR]
by tsubasahappy | 2008-07-27 01:30 | Comments(0)

合間に。

一日の合間の細切れの時間に、山本周五郎の短編なんか読んだりするのだけど、やっぱりいいな。いい。
[PR]
by tsubasahappy | 2008-07-23 03:22 | Comments(2)

読破。

20世紀少年を読み終わった。ケンヂは何気にユキジに告白していたんだね。ちょうど読み終わったくらいに、映画化するのを知った。ケンヂが唐沢さんかぁ。いいと思う。ケンヂは飄々としていて、なのにカリスマだから。ケロヨンが宮迫ってのが笑った。
これを知って、初めて、20th Century Boyという曲が、実際の曲とリンクした。この曲、とても好きだ。昔、コンドルズが渋谷公会堂でジュピターという作品をしたとき、オープニングで近藤良平が登場するとき、この曲で、ものすごくカッコイイのだ。あの曲だったのかぁ。この曲をイメージしてから読むのと、また印象が違うだろうな。

自分以外の相手があって、仕事と言うのが成り立つわけだけど、自分以外の誰かと、イメージを共有できなかったり、意思の疎通ができていないと、とても大変だ。私にとって、そのために、必要なことは、きちんと人の話を聞くことだ。何かをしながらではなく、きちんと正座して、向き合って。
[PR]
by tsubasahappy | 2008-07-20 01:31 | Comments(0)

仕事のこと。

雑誌社や新聞社からの問い合わせを受けることが多いこの仕事では、いろんな要求が来る。中には、連絡してきた今日中に資料をよこせと言って来る、不躾な人もたくさんいる。いい加減にしてくれってくらい、迷惑。
また、電話やFAXによるやりとりで、取材をしてくる、本当に記者なのかって人もいる。もし、それが、出版業界の常識ならば、そんな常識通用すると思っている、業界がおかしい。もしそれが、その人の常識なら、社会では通用しないことを、誰かがきちんと教えてあげないといけない。

僕の平日のバイト先が、業務を別の場所に移管するとかで、今までやっていたことから、解放されることになった。この仕事があと1ヶ月続いていたら、たぶん、辞めていたと思うくらい、先の見えない、嫌な仕事だった。ここ最近は、リーダーともうまくいっていなかったので、よかった。これを機に、別のバイトに移りたいのだけど、シフトの自由がきく仕事ってなかなかないだろうな。打ち合わせや作業状況によって、バイトのシフトを変更しなくてはならないので、そんなフレキシブルな仕事があるのだろうか。
[PR]
by tsubasahappy | 2008-07-18 01:31 | Comments(0)

朝に見た、「題名のない音楽会」だけ、日曜日っぽかった。

今日は、チケットの一般発売だったのだが、今回は先行予約をしっかりやったので、予想通り、あまり予約はなかった。おかげで、300通以上のチケット発送の準備ができた。
事務所のいつもの制作班は、2人だけど、今日は4人にもなって、朝から晩まで働いた。一日働けば、仕事もどうにか落ち着く。まだまだ乗り越えることは、たくさんあるけど、こんな風にググッと進むと、ホッとするなぁ。
今週は、休みは無かったけど、また明日から、がんばろう。
[PR]
by tsubasahappy | 2008-07-14 01:21 | Comments(2)

気づけばすぐに月曜日。

土曜日は、事務所で電話番。チケットの先行予約の受付日だったが、今回はウェブでの予約を早くにしていたので、電話は思ったほど多くは無かった。前回は、ウェブの開始と電話の開始を同じタイミングでしたので、どっちにも流れたからだろうか。
一日事務所にいるって、なかなかないけど、昼間、バイトしてることを考えたら、給料をもらって働き出したら、こうなるんだなぁと思った。
日曜日は、制作者の集まりで、一応、ゲストでお呼ばれした。参加者は公募だけど、非公開の勉強会で、京都の東山青少年活動センターで行われた。自分がこういう場所で話す機会があるだなんて、思ってもみなかったので、はじめは緊張もしていたし、テーマが「旅公演について」だが、うちの旅公演って、他の団体の考える旅公演やツアーと異なることもあるので、参考になるのか、心配していた。結局、それは参考になったのかどうかわからなかったけど、たくさんの人出合って、それはよいことだった。大阪の制作者がいないことを知った。
私の出た別のディスカッションでは、演劇を経済的観点からとらえることや、表現者は生産か消費者かという論点も出ていた。立場によって、いろんな意見があって、面白いなぁと思っていた。私たちの維新派の活動は、経済学的に見たら、ギャラの発生しているスタッフがいて、そこから得る収入で生活する人間がいるので、生産かもしれない。ただ、私たちは高尚なアーツを先陣きってやっているという意識ではなく、自分たちが面白いと思えることを、どこにも媚びずに、純粋につきつめているだけだ。それが結果的に、業界の可能性を押し広げたとしても、壮大なエンターテインメントであるという意識からは、案外近いところにいる。そういう意味で、芸術という一つの方法論から得られる快感や、カタルシスなのか、祝祭なのかそういうものの消費者であると言われても、十分納得する。消費と言うと、聞こえは悪いかもしれないが、今日の話の中における消費は、享受だと思うので、それでいいと思える。
日本は小さい。
[PR]
by tsubasahappy | 2008-07-07 02:20 | Comments(0)

気づけばいつも週末。

今日は、職場は比較的平和だった。電話や突発の案件もなくて。そして、あまり寝ていないのに、眠くなかったのが、何よりだった。昨日、寝る前に読んだ20世紀少年のおかげで、頭がビンビンだったのに。
あさっての日曜日、私はある制作者の集まりに行って、話をしなくてはいけない。話と言っても、一人で話すわけではなく、ヨーロッパ企画とニットキャップシアターの人と、ディスカッション形式で、「旅公演」について話したらいいそうだ。うちの団体における「旅公演」というのは、他の団体と大きく異なる部分もあるので、そういうのを話したらいいのだろうか。それは、いわゆる、小劇場の団体にも参考になることなのかわからないけど、この1年で感じた現場を、素直に話そうと思う。そういう、オフィシャルな場では、虎の威を借って、キリリとしておきなさいと、アドヴァイスを受けた。

久しぶりに、関テレの深夜にテレビ放送が終わるときの「Time to say good-bye」を聞いた。
[PR]
by tsubasahappy | 2008-07-05 03:53 | Comments(0)

時間泥棒。

毎日、がんばっているつもりなのだけど、どうしてか、いろいろ進まない。
全然追いつかない。ん~。

前より、芝居を見る時間、本を読む時間はなくなったけど、それでも、前より、動いている。きっと、人生の中には、こういう、夢と現実のはざまの時期はあって、こういう時期はしんどいのだろう。でも、月亭八方は、バイトしてる芸人は売れない(=バイトするなら、覚悟決めて、芸を磨け)と言っていた。
自分の時間を切り売りしている、この哀しさったら、ない。一時間900円の価値しかないかぁ。悔しいなぁ。

最近の休憩は、知り合いの人から借りた、20世紀少年を読むこと。一気に読んでしまうので、ついつい休憩が長くなってしまう。休憩は、30分を越えたら、ダレになると心に決めないと。
[PR]
by tsubasahappy | 2008-07-04 03:36 | Comments(2)