ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2007年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2日前。

d0059796_1541897.jpg


入り口です。ここは、大阪城ホールの倉庫なので、大阪城ホールのライブは、丸聞こえなのだ。今日はコブクロが。特に洗物なんかしてると。その一割でも来てくれれば、助かるのになぁ。

汗だくで、自転車こぐ日々は、ちょっとは報われて欲しいな。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-28 01:54

今週の金曜が本番だなんて、まだ実感がわかない。
本当に幕を開けるのだろうか。毎日を乗り切るだけで精一杯なのだ。

バイトの休憩も、電話したり、チャリでささっと仕事をしたり。

あ~。
今日は、現場と事務所を超ダッシュで移動して、チャリで10分で走った。
この時期の空気は肌にまとわりつく空気がうっとおしいけど、会場はエアコンが入っているので、安心して来てください。船底をイメージした会場は、入った瞬間ヒヤリとします。
今週金曜から

ヤンキー先生こと、義家弘介が、自民党から出馬するらしい。自民党がどうのという以前に、失望。まぁ、批判は覚悟だろうけど、彼の決断は、かなり厳しい。
愛国心ってなんでしょう
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-26 01:32

今日もバイトは、仮病です。

がっつり晴れているので、洗濯してから、本職の職場へ。
事務所で、チラシの梱包と関東への発送をして、ちょっとだけ現場に顔を出す。
ふぅ。現場と事務所を往復すると、ちょっと疲れる。それでも、やっぱり、現場はイイ。
今日は、明かり合わせ(白塗りした役者に実際に照明をあてて、調整する作業)をやっていた。ほぼ美術もできあがった。松本さんも明かり合わせの始まる前、朝7時に現場へ行って、絵を描いていたそうだ。今回の作品は、屋根のある屋内とは言え、客席も自分達で組むし、美術も自由に創るので、感覚としては野外に近いと松本さんも言っていた。
維新派は、野外じゃなきゃだめだという、昔からのお客さんはいるだろうが、3部作の第1部として、このダイナミックな序章は、ぜひ観て欲しい。わりと、ポップな感じらしい。
制作なのに、全然観てない!

昨日2つだと思っていた、口内炎が、今日4つになっていた・・・。どうりで・・・。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-24 01:41

ひたすらに。

事務所で作業しながら、ハンスケの邪魔も、普通に無視して、無音と湿気の中、いろいろ考えていた。このチケット送付作業は煩雑すぎるから、どうにか簡略化しよう。
5年後を、グローバルスタンダードで考えよう。
この前、ある演劇人が、「助成金の申請書を作るのがしんどくて、申請するのやめてしまいました」って、驚く発言をしていて、そういう理由があるか!と腰が抜けるほどビックリした。
考えろ、考えろ。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-23 02:56

制作のなんでもない一日。

午前中は、少し休みをもらって、クリーニングに行ったり、掃除をしたり。
それでも、まだまだ家は散らかっている。

事務所へ行くと、プロジェクターのトラブルとかで、映像の方が来て、ネットで調べ物をしている。横でチケットのことをしながら、いろいろ来る電話に対応しながら、ハンスケ(猫)の邪魔にも耐える。ハンスケは寂しがり屋なので、作業している机の真ん前に寝転ぶし、私の飲み物を飲むし、足元に来て、ニャーニャー鳴いている。ワンと言ったら、遊んでやると言ったけど、それは無理だった。いつもは、少しは相手して、膝の上への侵入も許すけど、今日は作業がはかどらなかったので、ハンスケを邪険にしてやった。
夕方から現場に行って、スタッフさんのご飯の面倒をみて、気づけば退館の時間。
あと、1週間で本番だ。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-22 01:34

演劇の学校。

京都の平盛小学校は、その道では結構目にする学校で、「あいのて」の野村さんや白井さんも来ていたそうだ。

今日はその学校で平田オリザさんの、ワークショップ授業が行われた。台本を作ることから始めて、劇団衛星の演劇しやすい体作りも含め、一日かけて演劇体験。
大学生になってからも、何度か小学校に行く機会はあったが、いつも水道が低いのに笑ってしまう。
梅雨入り真っ只中で、夜のシンポジウムも行くつもりではいたが、来週の公演の仕事もあったので、帰宅する。家のことを少しすると、少し元気になった。もう、4日もパソコンの方のバイトに行ってないので、あんまり行きたくなくなっているけど、ここは、生きるために行かなくてはならない。雨だと、外出したくないのだけどね。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-20 01:10

生の舞台。

疲れた頭で書く日記は、読んでいてもあまり心地よくないので、頭が元気なときに書こうと思っていたら、ここ数日で帰宅してからも、頭が元気なときはなかった。
寝るのも仕事だと考えると、年中仕事だ。
なかなかにどうして、こんなに、時間がないのか。こういう業界に携わり始めて、徐々に徐々に、忙しくなってきたけど、今は、ひどい。今後も右肩上がりになるのだろうか。
今日は、内覧会のような、まぁ、公開稽古。友人にも何人か来てもらったので、プライベートではなかなか会いにくくなった分、今日会えてよかった。
今日、初めて見るシーンもいくつかあった。この作品は、大阪、埼玉、京都を巡回していくが、おそらく、全く別物になるだろう。役者の動きはそこまで変わらないだろうが、全ての劇場は客席数も、大きさも違うので、当然美術も変わる。
南米という土地だからこそ、世界大戦が近くない印象があるので、グローバルに見れば20世紀前半を一足飛びに駆け抜けてしまった印象はあるが、日本人が陥りがちな、西洋至上の視点からは離れた目線がある。単純に、地球の裏側なので、そこの視点も違った形になるのは、当然のことだろうが、日本から大量の移民が移住していったことで、二つの国は、奇妙な線でつながる。維新派の元役者さんは、以前より生っぽい動きになってると、言っていた。
経験者にしかわからないけど、面白い表現だと思う。生っぽいらしい。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-18 02:31

演劇を。

平田さんとの打ち合わせもかねた、呑みが昨日で、今日はいよいよ「若い演劇人のための基礎講座」第一回。
現代における、文化・芸術が存在するために説得力のある論拠と、長期視点のグローバルスタンダード。芸術は、カネと時間の余剰生産物と言われないためのことと、フェスティバルだけで終わらない海外公演。エジンバラや、バニョレも参加するだけなら、可能だけど、国外のナショナルシアターの年間プログラムに組み込まれてこそ、ようやく、海外作品と同じ土俵に立つレベルだということを教えてもらった。参加者は、わりと、座談会を望んでいるみたいで、それもそのうちできたら嬉しい。ワークショップも初体験。
この前CDを借りた人に、「皇帝」のことをほめたら、ベートーヴェンの後期は、説得力があるでしょ!と言われ、音楽にも説得力があるっていう表現があるんだなって、新鮮だった。演劇には、説得力があるという、批評言語は、わりと手垢のついたものだけど、そういう風に、批評言語は越境してほしい。私が、桜井圭介を好きなのも、作曲家なのに、ダンス批評をする、その方法論と文体。
昨今の演劇人たちは、演劇というジャンルにとらわれないとか、新しい表現の形式を追い求めるという人が多いけど、結局観る人って、演劇を観てる人なのよね。お客は、昔よりお客お客してきている(アングラ唐十郎の世代の客より、もてなされ意識の強いという意味)ので、頼りにならないし。
バイトの休憩中が、主な仕事の時間で、今日の昼は少しがんばったので、今日は、少し早く寝るぞ。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-15 01:27

食欲よりも、睡眠欲。

もう、いい加減、休みたい、バイト。だって、眠いし、こんなことやってる場合じゃないほど、アフターは激動。働かなくてもお金のある、バリスがうらやましい。10万あれば、1ヶ月生き延びれられるのになぁ。
事務所で作業して、劇場へ行って、片隅でご飯をつつきながら、仕事のパートナーと話を詰めながら。現場はまだまだやり足りないことだらけだが、それでもキャラバンは進む。

夜の街を、自転車で、途中寄り道して、マンゴーパフェを食べて、少しだけ早い帰宅。
家の散らかりように、ゲンナリするが、仕方ない。
映画の試写会のチケットが当たっていたのに、来週なんて、行けるわけないなぁ。あ~ぁ。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-13 01:39

路傍の石。

仕事は、寝ながらの仕事をしているのか、仕事をしながら寝ているのか、そういう風にながら境界線が、曖昧に、ゆるゆるになってくる。

駅のホームに、単三の乾電池が落ちていた。たくさん人がいる中で、ぽつんと。

帰りの電車で、つい寝てしまって、添削中で手にしていた、松本さんのインタビュー原稿を落としてしまっていたのに気づかずそれでも寝ていた。もうすぐ公開されるのだけど、こういうのって、ほしい人はすごく欲しいのだけど、興味ない人には、全然なんだろうね。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-06-12 01:04