ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のコメント
就活は、時間だけじゃなく..
by tsubasahappy at 13:34
お久しぶりです! 講演..
by ニシワキ at 21:41
久しぶりだねぇ。元気にし..
by tsubasahappy at 01:57
翼さん、お元気ですか? ..
by まりりん at 03:09
>いわさきさん 僕もテ..
by tsubasahappy at 02:43
あんま知らんけど、てか知..
by たていし at 15:15
かつて「図書館以外の公共..
by いわさききえ at 17:18
お互い、ですね。 本年..
by tsubasahappy at 02:43
遅ればせながら、本年もお..
by 岩崎きえ at 20:33
それはあるかもしれないね..
by tsubasahappy at 02:57
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2007年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

空間はピューッと、心はじわじわ。

雨が降っていた。
いつものように新聞を読んで、ご飯を食べて、そしたら、晴れてきた。
大阪にもどるために、またもや花巻へ。鈍行で2時間半。電車の中には、室内用スリッパの人や、最近更新されたJTB発行の時刻表を見て、ぶつぶつつぶやいている若いのか若くないのかわからない人、小牛田駅で4両が2両になる瞬間をずっと見ていた子どもがいた。連結が解かれる瞬間は、私も初めて見て、出発と同時に、後ろの車両が遠くなっていって、まるで見送りの人みたいだった。
花巻空港はとても小さくて、とても退屈だったけど、どうにかNHKの世界遺産や、名曲アルバムを観て過ごした。
帰りは窓側で、あまり眠くもなかったので、新聞を読んで、眼下に広がる宝石みたいな夜景を見て、飛行機の中って意外に集中力が高まるなと思った。
ずいぶん大阪を離れていた気分だけど、2週間も経っていないのだ。今月に開通した家から最寄りのモノレールの駅まで、大阪の空気を体に染み入らせ、ゆっくり体を馴染ませた。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-31 03:14 | Comments(0)

湯船の中で。

実家に帰ったときしか、お風呂につかることはない。
元々、長風呂は苦手で、温泉も露天風呂ならがんばろうと思える。
実家での最後の夜を、お風呂に入りながら、考えていた。今日は「蹴りたい背中」を読んで、「隠し剣 鬼の爪」を観て、「風の谷のナウシカ・ワイド版」を読んだ。
そして、いくつかのブログや新聞記事を読んだ。
社会性
あまり大きな声言ったこともないし、言うつもりもなかったし、言わないけど、私は基本的に選挙に行かない人のことが結構嫌いで、特に舞台人のくせに行かない人ととか、嫌悪する。舞台人は金がないから、助成金に応募したがるけど、税金生まれの助成金だけもらって、自分の住んでいる街の政治がどうなろうと全く考えてない。河合隼雄の後任が誰であるとか、自分の街の首長が少しは舞台に力を入れてくれる人だったらいいのになんて考えないのだろうか。唐十郎が紫綬褒章を辞退したことは、素敵なことだと思うし、社会を変えるためではないにしろ、この作品で、ビックリさせてやろうくらいの気概がないのか。選挙に行かないからといって、それが社会性の欠如にはつながらないけど、じゃああなたはいつ政治に参加するんですか?社会が自分を認めないとか、もっとお金の生まれる業界にしたいなんて、飲み屋でクダを巻くのは、選挙権を行使している人なら言ってもいいことだと思う。
私たちが闘い続ける"publicness"の場を、どうにかして変えたい。
以前、友人がブログで、靖国に参拝してきましたとか書いてたときは、本当にショックだった。その人は、今回の靖国合祀は国主導ニュースを見ても、何も感じないのだろうか。戦没者を弔う気持ちで参拝するというのは、わからない気持ちでもないけど、あの場所は特別な場所なのだ。だからこそ中国も目くじらたてている。戦没者を弔いたいのであれば、8月に広島、長崎に行けばいいし、8・15に黙祷して、常日頃、心の中で追悼してればいいじゃん。
私にはたまたまフランスに永住したい友達がいるからかもしれないが、シラク大統領の後が誰になるのか非常に気になっている。私が気にしたところで、選挙権もないのだから仕方のないのだけど、ヤクザ・サルコジにだけはなってほしくないと願っている。
こういうこと言うと、周りの人とは喧嘩になって、友達もいなくなるから、言わない。唯一それについて語っていた友達は、4月から地元に戻ってしまった・・・。みんな、まだ友達でいてください。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-30 02:29 | Comments(3)

塩竈市立第一中学校。

以前はテレビ欄~地元のニュース~スポーツ欄までしか読まなかったのに、今は、政治や国際欄までさら~っと目を通すようになった、新聞を読んで、朝ご飯をいただく。
もうずいぶん暖かくて、春だな~。
仕事のために、仙台の銀行まで行ったけど、事情により進まなかった。
ようやく、メディアテークに行けた。確かに見所満載の建物だった。
ガラス張りで、いろいろ透明なのに、寒くない。結局そこでも、美術手帖のバックナンバーを読み漁っていた。大竹伸朗について書いた浅田彰の文章を引用していた、東谷隆司の文章を読んだ。
友達との待ち合わせまでちょっとだけ時間があったので、いつもの北京餃子で鶏ミソ丼の大盛を食べて(ここの大盛は結構な量)、友達と飲みに行く。
この前みんなで集まったときにも来ていた友達だけど、そのときはあまり話せなかったし、何か話したいことがあると、いつもは自分から誘うばかりの私が、珍しく誘われた。
その子が聞きたかったことを話せたのかはわからないけど、その子はとても満足していたようだった。その子は聞き上手なので、ついつい調子に乗る。私は誰かと話すとき、どうしてもエンターテインするよう、もてなすように、話してしまう。
最後のほうで、仕事帰りの友達とも合流。短い時間だったけど、最後に会えてよかった。彼は、私が中学のときに男前だと感じていた3人の中の一人。今も。
今回の帰省は、高校卒業して大阪に行って以来、もっともいろんな人に会った。中学の友達ばかりだったけど、偶然にもその再会には10年の間があって、そういうのもあって、とても良い時間をそれぞれに過ごせた。次に帰ってくるのは、本当にいつかわからない(ある程度成果が出るまでもう帰ってこないという自分の中での決まりのせいで)ので、それこそまた10年空くかもしれないけど、きっとまた楽しい時間を過ごせるはず。そのためにも、大阪で死に物狂いになろう。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-29 00:03 | Comments(0)

ムードに。

夕飯の支度で、すき焼きを鍋にかけ、妹の帰りを待つ30分の間に、クラシックを大きな音で流し、高階秀爾の本を読む。完全に雰囲気に酔っていた。
7人がけのテーブルに、二人で座り、ご飯を食べた。
テレビでやっていた「不夜城」を見た。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-28 00:37 | Comments(0)

未だ来ない、将に来る。

片づけがあまりにも早く済んでしまったので、私だけ早く帰ることにした。
大学受験以来の新幹線に乗ったりしながら、昼過ぎに帰宅。
電車では、風姿花伝の目利きと目利かずの章、つまり、芸が誰に向けてなのかというのを改めて読んだ。
その途中で、10年ぶりの再会も作為的に果たす。10年ぶりでかなり照れた。その人は同じ土星人らしいけど、フォローしてくれる。素直でいこうと思った。昔、大学の友達が「素直」と「直感」を合わせた「素直感」という、ベタベタな造語を作っていたけど、こういう年になって、そういう単純なことが必要なんだなと思った。惑わずの年齢までは、まだまだある。その人とは、新幹線で出会って、ホームで別れた。
帰ってきて、お仕事をしながら、昨日の睡眠不足を補填する。
夜に、成田屋(市川團十郎一家)のパリオペラ座での公演のニュースを見たり(演目は勧進帳)、松坂大輔の記録映像なんか見たり、ふつふつふつふつと自分のやる気を燃やしていた。
ある人からのメールを何度も読み返し、自分にとっての「芸」術を再確認した。エスペラント語をやりたいんだ。小説では簡単なのに、舞台上で、冷蔵庫のブーンって鳴る音は再現できないし、電車の行きかうホームでは、音声的な言葉より、手話のほうが饒舌だけど、そういうのを超えた、そういうのを包括した、ことばを作りたい。そして、人と出会いたい。
一通、お願いのメールを送った。それに対してはまだ返信がないけど、押し殺した熱さを爆発させるための方法として、自分で選んだ方法である。
ただただ、泥水を飲んででも、胆を嘗めてでも、がんばろうと思った。
まだまだできると思った。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-27 01:29 | Comments(0)

北関東。

妹の引越しの手伝いで、群馬へ。群馬の隣は長野だと言われると、ずいぶん遠くまで来たなと感じる。
夜に出発(24日の夜中)、朝から(25日の朝)引越し作業というスケジュール。
予想以上にすぐ終わってしまい、足りない備品をいくつか買いながら、その足で妹の新しい大学にも行ってみる。水琴という珍しい楽器の音も耳にした。
道すがら、とんでもない建物を発見した。3つのお店が一緒に入ったお店だが、それぞれ「ルパン青果」「スナック富士子」「五エ門」微妙に違っている、名前の表記の仕方はあるものの、すごい組み合わせ。ただ、私の一番好きな次元はなかった。
妹が入ったことのない、吉野屋に入って、一言「ここって寂しい人しかいないね」そうなんだよ、寂しい人が行き交うのだよ。
泊まった宿は、結構ひどくて、周りはラブホテルに囲まれ、空調設備や各サービスも3流。父親はイライラしていた。
私は唯一、枕が合わなかった。高すぎて、首が。
まぁ、経県値があがったからいいや。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-26 00:30 | Comments(0)

ぽっ。

あまりよく眠れなかった。
昨日昼寝をしすぎたせいかも。最近、寝起きがやたら空腹感で、きっと胃が大きくなっているからだ。あまり大きくなると、また大阪に戻ったときにすぐおなかが空くので困る。
今日は、家の掃除をして、ヒーリングミュージックを聴きながら、本を読んでいた。
もうすぐうちの実家にも、なんでも鑑定団の出張版が来るらしい。駅で宣伝していた。見たい~。
昼から、友達の誕生会で、たこ焼きを作り、カラオケ屋でケーキにろうそくを立て、クラッカーを鳴らした。小力の使う、クモの巣状のテープも使った。小力のようにうまく巻き取ることができなかった。
実家では、こんな日々で、ただただ、和やかな日常を重ねている。
友達の誕生会をすることが、なんだか涙が出てくる。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-25 01:23 | Comments(0)

至福のとき。

今日は一日うちにいる。
昼間は、いくつかの個人的なメールを処理して、来週の予定なんかたてる。
妹の出発を明日に控え、業者が引越しの荷物を取りに来る。どうにか全部入ったようで、はみ出すと思っていた荷物もなく、明日の出発は少し広い車内になりそうだ。
久しぶりに昼寝をした。こたつで、高校野球を見ながら、ほわ~っとできるのって、家事手伝いの特権だわ。仙台育英は、負けた。9回裏のノーアウト1,3塁のチャンスも生かせず、そりゃだめだよ。
妹は今日が誕生日なので、うちの恒例となっている、みんなでケーキを食べる会が催された。妹や友達の誕生祝を買い悩んでいて、やっぱり詩集がいいなぁと思ったのだけど、私が今読みたいのは中原中也で、これはちょっと暗いなぁと思って、辞めた。
よごれちまった悲しみに/今日も小雪の降りかかる
じゃあ、自分も持っている谷川俊太郎かなぁと思ったのだけど、とても素敵なのは重々わかるのだけど、ちょっと違うなぁと別のにした。二十億光年の孤独で、くしゃみするところなんか、うわぁ~と思いながら、相手のことを考えて、もう少し現代的なものにした。本当は、強度のあるほうがね。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-24 01:58 | Comments(0)

程よく、ホロ酔って。

昼間は何をしていたんだろう。
新聞読んで、家事をちょろっとして、それで何してたんだろう。
ん~覚えていない。
とにかく、古い仲間たちとの再会(飲み会)三日目は、私以外の3人は連絡取り合っていたみたいだけど、私は3人とも10年ぶりで、なんでこう、変に楽しくなってしまうのか、よくわからないまま、結構ふらふらで楽しかった。ビールから、日本酒から、ワインから、サクサクがぶがぶ。
久しぶりだからなのか、そもそも気が合うということなのか、まぁ、そんなことはどうでもいいのだけど、なんかこう大阪の楽しさとも違う、楽しさが10年のときを超えていた。一つ確かだったのは、愚痴というのは一切なく、聞いてみたら、友達同士でもあまり愚痴らないそうだ。恋人や大切な人は別にして、やっぱりそういうことなんかなと、最近ようやく気づいた。
とにかくわけのわからないのが、「熱いモン選手権」というのが、30分おきくらいに開催され、誰の体が一番熱いかというのを、逐一競い合うという、だから何?って思うような、笑ってしまう大会が繰り広げられていた。審査方法はみんなで手を握り合い、微妙な判定のときの延長戦は顔で。変な光景~。けれど、時間帯によって優勝者が違ったり、色は赤いのに、ものすごく冷たい手もあった。
あの狭い空間で、ずいぶん素敵な時間をすごしたことは、楽しかったという言葉だけで収めるには、もったいないのだけど、それでも、ただただ単純に楽しかったんだということ。楽しいという言葉以上の楽しさを伝えるには、心地よいとか、濃密なとか、もっといい言葉ないかな~。少なくとも、ハッピータイムと言う軽さは、ない。
もう、ふらふらで、帰ってお風呂も入らず、寝た。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-23 01:56 | Comments(0)

お好み横丁で。

グウタラを断ち切るために、がんばって起きる。
妹は今週末に大学進学のために家を出る。その荷造りの合間に、有志で集まった吹奏楽コンサートに出演するからと、家族総出で、何年ぶりかに全員がそろって、見に行く。ある中学のOG・OBが中心で、結成されたらしいが、今後は、グループは継続しつつも、メンバーを流動的に変えてやっていくそうだ。形式は維持したまま。
大学の卒業時に認定試験が設けられるという記事を読んだ。いいことだと思う。ハンガリーでは、高校の卒業時に大きな試験があり、それで卒業の可否とともに大学の行き先も決まるのだ。同じ大学生とはいえ、話が通じない人もたくさんいるから、そのためにも是非。そのときは、何か一つ実演芸術の鑑賞も義務付けてほしい。
夜は、古い友人たちがそれなりに集まって飲んだ。お好み横丁。関西にいると、お好み横丁の間に「焼き」を入れたくなるけど、お気に召すままと言う意味の、お好みらしい。全然同じクラスになったことのない人もいたのに、なんでこう10年も経つと、一緒に酒が飲めるのかは、不思議な力だ。最近中学の友達と絡む機会が増えて、すごく新鮮で、よい意味でドキドキする。あの頃は、若すぎてたいした話もできなかったけど、ようやく自分たちの生活に現実が色濃く支配し始めて、そういう話ができるようになったのは、結構素敵なこと。
大阪に戻れば、仕事での付き合いが多くなってしまうので、なんとも切ないなぁとは思うけど、やっぱ、これがあるから、あっちもあるんだろう。
どうしても混じってしまう、関西のイントネーションや、突っ込みすぎと怒られたりもしたけど、関西だと、突っ込まないと怒られるし・・・。ホントは、聞き上手なんですよ~。
dotsの打ち上げでやられた日本酒は1杯だけにして、今日は珍しく日付の変わる前に帰宅した。
[PR]
by tsubasahappy | 2007-03-22 01:47 | Comments(0)