ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2006年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

深夜~早朝への体内時計。

「弁護士 灰島秀樹」のビデオを見たら、ペンギンプルペイルパイルズで見た役者さんが出ていた。
なぜかわからない、焦燥感と罪悪感と。
焦燥感はなんとなくわかるのだけど、罪悪感はなぜだろう。たぶん、できることはあるのに、それから逃げているからだろう。するべきことを放棄していると、なぜか襲われる。もっと、楽しんでやらないと、胃に穴があいてしまうんじゃないか。
その「感」を払拭するために、なんとかやることを一つ終わらせた。DMリストの整理。もっと見やすくするための処理とはあるけれど、ひとまず入力は終了。大半はすでに入力済みだったものに、補足して入力するのだが、全部で500件以上のリストになった。
こうやって作業をしていると、いろんな想いが浮かんでくる。
そして、おなかが減ってくる。
眠くはなって来ない。
オリオン座が見えた。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-31 05:00

生き抜く目。

忙しいバイトが終わってから、サッカー。
今日は人数が集まったので、ゲーム中心で、見知らぬ人からもゲームに誘われて計2時間やっていた。NNNドキュメントで、ハンセン病の塔和子という詩人について、やっていた。
そのあとネットでいくつか検索したが「領土」と「アリバイ」という詩が心に残った。
四国新聞社の記事が、一番作品が載っていた

ある演劇制作者のブログで、見た作品についてコメントしているのをいくつか見るのだが、業界ではそこそこ有名な人なのに、正直感性がないと感じた。それはその人もわかっていて、自分にはわからないけど、他の人が観たらいいのだろう的な発言もしていて、それはしょうがないと思うのだが、人間の業のような作品に関して、観たくないと評していることに、ショックを受けた。この業界では、業界人が作品に対する評価を表立ってすることが少なく、それを突き破ろうとしている姿勢も、決して嫌な印象は与えない。ただ、感性ってどうしようもないとこで、もったいないなぁと思った。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-30 02:03

バイパス行為。

バイトして、観劇して、友達と飲む。
バイト順調。遊びながら、ボチボチ。きっと明日が忙しいだろう。
dracom「世界のバイパス」@AIHALL。

ばれてます
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-29 01:52 | パフォーミングアーツ

麦茶は百薬の長。

今日もこもって、書く。
煮詰まっても煮詰まっても、書かなくちゃなぁ。
洗濯して、揚げ物とか粉モノなんかも料理して。
私は、年がら年中麦茶を飲むほど、水がマズイ大阪では麦茶が水代わりで、好きだ。緑茶は好きじゃなく、ウーロン茶は嫌い。お茶は番茶かどくだみ茶ならいい。この前飲めなくなった麦茶を、うちの苔たちにあげた。私も好きだから、こいつらも好きだろうと。そのおかげかどうか分からないが、今日の苔たちは調子がよかった。青々としていて、イイ形の雑草も生えてきていた。
最近のオフは、ずっとこもっているけど、今はこれが必要なことなんだ。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-28 02:33

一から出直し。

朝、仕事の電話が来る。・・・。勉強になります。
バイト。朝の電話のおかげで、午前中はボーっと過ごす。前のバイトから一緒で、今のバイトも一緒の人と、もっと三国無双について話したかったのだけど、そのことで頭がいっぱいだった。
それでも、そのあとのメールと休憩を挟んだおかげで、少し復活して、働く。
いつもより早めに上がって、今回の照明担当の人と打ち合わせ。東京に住んでいる人で、昼公演と夜公演の合間に会ってくれた。急を要するわけではなかったのだけど、初めて一緒に仕事をする人なので、一度会っておきたかった。
もっとがんばりたいと思った。今一緒に仕事をしている人は、日本レベルで仕事ができる人だから、この人に何を言われても、公演まではなんとかくらいついて、せめて一緒に仕事をしてもらえるレベルになりたい。こういう機会に恵まれたことは非常に幸運で、将来海の外で仕事するには、とても良いことだ。自分が今やっている仕事は場数が大きくモノを言う部分もあって、この機会を十二分に自分の血肉にしたい。
帰宅したら、映画の特別鑑賞券が当選したらしく、届いていた。試写会か招待券だと思っていたのに、特別鑑賞券だった。まぁ、いいか。「地下鉄に乗って」という映画。よくわからなかったけど、ノリで応募したら当たった。
日ハムが優勝した。うちの教授は今頃、意気消沈しているだろうけど、新庄が引退を表明したときから、なんとなく今年はファイターズに優勝して欲しいなぁと思っていたから、私はよかったと思う。プレイヤーとしての新庄よりも、野球でエンターテインした姿勢に、好感を持っていたので。Jリーグの無名なチームなんて、選手がビラ配りや地域密着でやっているのに、野球ってなんであんなに高いところにいるのかがいやで、そういう意味で、野球でもてなしの気持ちを体現した彼を私は評価している。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-27 03:32

光に照らされたものが目に映る。

午前中は実家から荷物が届くのを待って、掃除と洗濯をして、メールを書いて、昼に出発。もう少し早く出たかったのだけど、ついゆっくりしすぎてしまった。
インゴマウラー展@天保山サントリーミュージアム。
「光の魔術師」とか「光の詩人」とか呼ばれているドイツの人だそうだ。
一般に言う裸電球やLEDを使って、作品を作っている。電球に食器の破片を放射状につけることで、シャンデリアのようにしたり、電球に足と首をつけてダチョウに、羽をつけて鳥か天使のように見せたり。電球に厚紙を螺旋に巻いただけで、ちょっと変わった照明になったりしていた。
彼の作品は、電球の傘にカンパリソーダの瓶(中にはまだ入っている)や和紙、キャンベルの缶を使うことで、日常品を昇華させるポップアートの手法がとられていた。
光を作る人って、影を照らすための光的なイメージで作っているのかと思っていたら、単純にどう光らせるか、日常に入り込む方でやっていた。一つ気になったのは、大きな傘、内側は赤で、外側は灰色の作品で、ぼんやりと空中のそこだけが、ふわ~っとしているように見える。その真下に行くと、単に電球がまぶしいだけになるのだけど、その光量は弱く、照らされた空気と光源とのギャップが印象深かった。
終わって、久しぶりにお香を買って、ふら~っとしていた。
最近は、家に帰るとどうしても仕事になってしまうので、外にいたくなるのだが、外にいるとお金を使ってしまうから、ついついうちに戻ってしまう。
展示の中で、大きなLEDの前で、座り心地の良い椅子に座って、その瞬間だけ、仕事が頭を離れた。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-26 01:55

御自愛ください。

バイトして、サッカー。今日は、初めて練習に参加する人、足を怪我している人がいたので、彼らが退屈せずに練習できるメニューをバイトしながら考え出した。
今日は、日本語を丁寧に吟味するシーンが多く、ふだんのぞんざいな使い方が見えてきた。ここ最近好きな言葉に
「御自愛ください」
というのがあって、お体に気をつけてということなのだけど、この響きとビジュアルが好き。今の季節なんか使うのにピッタリの言葉で、あえてぶって使っていることもある。
d0059796_342186.jpg

最近、シンプルな服を好むようになってきて、トップは無地で、パンツは柄物的な装いが多くなってきている。それを30代の友達に話したら、それはオヤジ化の兆候だと言われ、これじゃあマズイ、昔に戻って、柄物再訪だと思って、つい最近、年甲斐もなく買ったTシャツ。何か妙に気になって、自分の歳も十分考慮したけど、買ってしまった。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-25 03:34

効率を上げること。

昨日17時間も家を離れていて、疲れてしまったので、ちょっと寝すぎてしまった。
もう少し自分のことをやろうと思ったのだけど、ついつい連絡やあっちこっちして、終わってしまった。自分の時間は、もう少し有効的に使わないといけないなと思った。
ピタゴラスイッチを見ると、必ずTVにすげぇ~と言ってしまう。
のだめカンタービレは、クラシックが聴けるので面白い。漫画だと、文字でしかないだろうから、TVの良いところはそこだな。今日も玉木宏にみとれた。
机には、添付ファイルと名刺が散らばっている。
今日パインを丸ごとさばいて初めて、パインに芯があることを知った。そういえば、冷凍パインとかパイン飴とか空洞だもんな。
今さっき気づいたが、今日一日、パイン以外の水分らしい水分を取っていなかった。ご飯はちゃんと食べたのだけど、ハヤシライスを。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-24 02:23

血がつないだ縁。

一日京都にいた。
THANKYOU MARTでちょろっとだけ買い物をして、日曜の寺町、新京極の混み具合に辟易。
夕方から観劇。唐ゼミ「ユニコン物語」@元立誠小学校。
横国時代の唐十郎のゼミ生達が、授業の一環で作った劇団を、正式に旗揚げしてしまった。3年前に見て、ひどく感動した覚えがある。
あらすじ(当日パンフより引用):
20年前、東京都台東区で起こった嬰児取替え事件。
お釜のお春さんに育てられた事件の被害者テシオは、自らの出生を知り、自分が本当に生まれるはずだった家を求めて彷徨っていた。
あの日、下谷病院でともに生まれた赤ん坊は13人。愛用の自転車に巨大なネジを取り付けた苦心の一角獣にまたがったお春さんとテシオは、家々を巡り、ついに最後の一軒、十二時の鐘鳴り響く時計屋に辿り着く。その前には、同じく時計屋の門を叩くネンネコ背負った人々の群れ。女の胎盤を商うという、その名もネンネコ社が立ちはだかる。
途方に暮れるテシオ、そこにガラスのユニコンを持つ一人の女が現れる。


More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-23 15:26 | パフォーミングアーツ

久しぶりに財布の紐を解いた気がする。

バイトして、帰りにスーパーで一玉105円のパインと、15玉398円の柿を買って、夜になる。
最近、古いCDを聞いていて、なぜか小沢健二と古いスピッツを繰り返し聞いている。なんかそれが楽しくて、ヘビーローテーション。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-10-22 01:13