ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2006年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

砂漠の中でゆれている感じがする。

この前外で椅子に座っていたら、突然話しかけられて、何かと思えばキリスト教の布教活動だった。神は信じませんと言ってあげた。
いくつかのCDを聞きながら、ベガスでの時間を今過ごしている。
GRAPEVINE 「Lifetime」
高校時代とても好きだったなぁ、とふと懐かしくなってNYのブックオフで見つけたとき思わず買ってしまった。あの当時も好きだったけど、CDを買うまでは至らなかった。今彼らがどういう活動をしているのかわからない。キーの高いあれらの歌はもう歌えない。
椎名林檎「りんごのうた」
DVDを見ると、彼女が彼女の活動の集大成としてバンドを考えており、彼女のほくろとの訣別はそういう意味で捨て去ったのかなと思った。
ミスチル「sign」
これが主題歌だったドラマが思い出される。その中でとても印象的だったのは、主人公の二人が電車のガラス越しに手話で会話をしているシーン。健常者なら、確実に口で会話をしようとし「えっ、何?何言ってるの?」か、口パクで「ありがとう」とかそんな簡単な言葉を言うんだろうな。けど、手話はそういうときは雄弁に語れる。手話が世界共通だったら、世界で唯一の共通言語だったのにな、とそのとき感じたのを思い出す。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-30 01:36

ひきこもり日記

おもしろかった記事を二つ。ベガスでは本当にひきこもっているので、この1週間俗世間から離れていた埋め合わせをしている。
シラク大統領、ショックで一時退席 EU臨時首脳会議
フランスの英語への嫌悪感と、なんだかんだ言って英語の力が現場的にわかる。いくら英語が嫌いでも、ビジネスの世界、国際的な場所ではどうしたって使われる。もちろん、フランスの国際的影響力も存在感も、私は認めているが、英語は英語なんだなと悔しさもこめて思ってしまう。
『ネイチャー』誌、ウィキペディアの正確さを評価
今までウィキペディアがボランティアだって知らなかった。その情報量と正確さはすごいと思っていたが、それが辞書と同レベルだったなんて。有志の投稿者と専門家の差はないのだろう。こんな話になるといつも思い出すのが、私の前の大学の教授だった人が、ドラえもんに出てくるジャイアンを知らなかったことだ。ジャイアンを知らずに今までの50数年間を生きてきたことが私には信じられなかった。アメリカでもスポンジボブ(一見するとチーズに見える)はとても有名で、もちろんウィキペディアには載ってるけど、ブリタニカには載っているのだろうか。辞書には載っていなくても、これを知っていれば子供と話がしやすい。studyの三人称単数形を間違えたとしても、スポンジボブの登場人物を知っていると、子供は話をしてくれる。現場の情報が大事だ。

応援してます
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-28 01:45

摩天楼をあとにする。

25、土曜日。
NY最終日。荷物をまとめてアメリカ自然史博物館。
ここもとても大きい。オルメカ、アステカ、マヤあたりのゾーンが面白かった。けれど子どもの多くは、動物の剥製や海の生き物、化石にキャッキャ言っていた。
今回は空港までは余裕を持って到着。飛行機の出発がかなり遅れていた。機内で隣になった人はとてもいい人で、チョコチップクッキーをくれた。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-27 10:00

モマる。

24日、NY滞在中二回目の金曜日。
France_panという団体で、現在NYに留学中の役者と、今日会う予定だったのだが昼になっても連絡がこない。本当はもっと早い段階で会う予定だったのだが、彼が急遽日本に帰国することになってしまったので、明日私たちはベガスに戻るというギリギリの日になったのだ。彼は昨日NYに戻ってきたから、時差ぼけで寝ているんだろうかと思って、電話も遠慮していたのに、連絡がついたと思えば、彼は授業とジムがあるから、会うのは夜にしてくれと言う。時差ぼけにからっきし弱い私は、すごいなと思った。
昼は相当暇で、1週間パスのメトロカードも昨日で切れてしまったので、しばらく歩くことにした。前回はビジターセンターに来ただけで、何も見ていなかったタイムズスクウェアの辺りを。特に何もなかった。
上記の彼と会うのが夜になってしまったので、昼ごはんをどうしようか迷っていたら、なんとまぁ、偶然にもJohnのピザ屋タイムズスクウェア店を発見。しかも、全然目立ったとこになかったのに。これはもう行けってことなんだろうと思い、三回目の入店。Eastside店よりもずっと大きい。店員同士で話す会話はほぼスペイン語。ピザを焼いている窯が客席から見える。ここには本当にお世話になりました。
金曜日なので、もちろん美術館へ。最後の美術館はMOMA。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-27 08:00 |

クレジット、お金はあるけど、なくなるぞ。

23日、木曜日。
午前中は近くのコインランドリーへ。ここNYでは屋内に洗濯機を持ち込むことが禁止されているそうで、みんなコインランドリーに洗濯しにくる。
昼くらいからホイットニー美術館へ。
今年はビエンナーレの年らしく、常設展はいつもよりスペースが小さかった。オキーフは何がすごいのか全くわからない。ホッパーも。私が印象的だったのは、タッカーの「地下鉄」という作品と、クーニング。前者は現代社会をうまく表していたと思う。クーニングは落書きとどう違うのか?と聞かれれば、答えようのないアクションペインティングという技法らしいが、その力強さがググッときた。
ビエンナーレは現代アートなため、より宗教的、社会的なバックボーンを知らなければ、楽しめないだろうなと思いながら、さら~っと見た。それでも2時間以上はかかっているが。ミッキーマウスをフィーチャーしたり、噛んだ後のガムをたくさんくっつけたり。巨大なポートレイト写真かと思ったら、油絵だったり。
今日はJohnのピザ屋を再び訪れ、そのあとは珍しくショッピングタイムとなった。あのメトロポリタンショップで見た時計も、この日にようやく買った。こっちの人はみんなクレジットカードで買うのだが、私は生粋の現金主義なので、クレジットに対してとても抵抗があった。それでも手持ちの現金では足りなかったので、クレジットで買って、サインして。
持ってきたカレールーがあまりそうで、食べきれるか不安・・・。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-27 06:00

名画たちを1ドルで。あ~傲慢。

22日、水曜日。
メトロポリタン美術館。ここは何時に行っても1ドルで入れるという裏情報があり、行って何も言わず1ドル出すと、やっぱり公にしてない分、受付のお姉さんも、チラッと横を見ながら、内緒ね、って感じで入れてくれた。隣では一人15ドル払っていた。恐ろしい大きさで、ガイドブックにも、お勧め3時間コース!なんて載っていて、3時間って相当きついぞ、と思い、始めから自分達の見たいものだけを回ることにした。馬鹿正直に全部周ろうなんて思うと、一日あっても足りないくらい展示数が多い。
ということで、13~19世紀あたりのヨーロッパ絵画とモダンアート。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-27 04:00

15ドルは高いな、いや~高い。高い。

21日、火曜日。
この頃にはずいぶんNYにも慣れ、毎日発行されるMETROというフリーペーパーにあるsudokuをバスの中でやるのが日課になってきていた。
今日は「NYへ行きたいかー!」と聞けば、すぐに浮かんでくるあの映像、自由の女神を見る。遊覧船に乗ると高いので、無料の定期船から女神像を眺める。思ったほどの感動はなかった。フェリー乗り場の近くにあった、メトロポリタンの美術館のショップで出あった、フランクロイドライトの時計にちょっと惚れてしまい、買うかどうか迷う(最終的には買うのだが、その決断にいたるまで3回も店に通うことになる)。そこでは買わず、後ろ髪引かれながら店をあとにする。
今日は映画に出てきたお店第二弾。「恋人たちの予感」という作品は見たことがないが、本に載っていた写真がおいしそうだったので、Katz's Delicatessen というお店でパストラーミという薄切りの肉を挟んだパンを食べる。高い!パストラーミにどれだけ手が込んでるのかはわからないが、安っぽいパンにはさまれて、ズッキーニの付き出しで15ドルは高い。最近円安だし。Johnの店なら、ラージサイズのマルゲリータが食べれる値段だ。
バスの中からマシューバーニーの「拘束のドローイング」と日本語で書かれたポスターがあり、単純に欲しかった。
その後は新現代美術館。自由の女神へ行く途中に寄ったら、場所が移転していていた。ので、自由の女神の後に訪れたのだが、かなり市街地からは外れに追いやられていた。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-27 02:00 |

ウディ・アレンの誰でも知りたがっているSEXとおいしい生活のすべてについてアニーホールで教えましょう

20日、月曜日。
午前中はセックスミュージアム。
入館料金が他と比べて高いのは、NYシティから保護を受けていないことに起因するのだろう。手塚治虫がポルノアニメの始まりだというのは、ちょっと語弊があるだろうと感じた。アニメの父という意味ではそうだろうが、別にポルノを描きたかったわけじゃないし、結果的にそういう描写も生まれているというだけで。
絶対いらないだろうという機械もいくつかあり、実際にそれを試している映像なんか、こんなことを美術館で展示するのって、ある意味現代アートなのかもしれないが、これを作っている人は単なる趣味だろうから、その文脈は生まれないだろう。
久しぶりに昼ごはんは外食。私が懇意にお付き合いしているFrance_panの看板女優が好きな映画監督:ウディアレンの映画によく登場するというピザ屋に行く。女優に羨ましがらせるためだけに。私も見た「アニーホール」という映画でも出ていたそうで、中心からは外れたところにあったのだが、その味はホント素晴らしかった。あんなにおいしいピザってそうめぐり合えないだろうなと齢24にして思う。値段もホスピタリティーも良心的で、非常に良かった。もしNYへ行く機会があれば、John's Pizzeriaへ。タイムズスクウェア店もあるのだが、Eastside店が映画に登場したお店らしく、ウディアレンの写真もあったし、混んでもいないので、そちらがお勧め。
マース・カニングハム、マーサ・グラハムのダンススタジオの入り口まで行って、写真だけ撮ってくる。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-27 00:00 |

ピンキリブロードウェイ。

19日、日曜日。
私は知らなかったが、NYの公立図書館は映画のロケなんかにも使われるくらい有名らしく、町の中心にあった。蔵書が半端ない数だというので行ってみた。そこ自体観光地の一つと化していて、図書館なのに美術館や博物館同様ショップもある。建物の感じが、ちょうどハンガリーで通っていた大学に似ていた。図書館にはフリーで使えるPC用のLANもあり、今では決して珍しくない光景だが、私はどうもその辺はアナログで、調べ物をするという行為は手書きでなければどうもしっくり来ず、そういう図書館にPCを持ち込む過渡期は、私たちくらいの年代からなのかなと思ってみたりした。
45分だけならネットが無料で使えるというので、そこでオフオフブロードウェイのチケットを予約する。(ブロードウェイ、オフブロードウェイ、オフオフブロードウェイ、と会場の大きさ、チケットの価格も低くなる。オフやオフオフで成功すれば、ブロードウェイへと進出することも可能なのだ。ブロードウェイでやりたくないというアーティストも当然いるだろうが。)こっちでブロードウェイの一つも見て見たいと思っていたが、日程的、金銭的なものを考えると、ちょうど今日やっている12ドルのダンスが適当だったので、急いで予約した。
開演は20時だったので、それまではロックフェラーセンター、タイムズスクウェアのあたりを散策して、一応NYの喧騒も味わっておく。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-26 22:00 |

マーケットを回る。

18日、土曜日。
今日から最終日までの宿は1週間アパートを借りることになっていたので、ユースを出てからそこに移動。ユースが103rdストリートで、アパートが16thストリートなので、北から南へ結構な移動。昨日買っていた1週間パスのメトロカードはバスにも使えることを知ったので、時間はかかるけどバスで移動。バスだと地下鉄より安全だし、自分の降りたいところが景色から判断できる。バスとこの1週間パスは今後も大活躍だった。タイムズスクウェアのあたりは、チラッと見ただけだがかなりのネオンと看板と、人と、誘惑だった。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-03-26 20:00 |