ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のコメント
就活は、時間だけじゃなく..
by tsubasahappy at 13:34
お久しぶりです! 講演..
by ニシワキ at 21:41
久しぶりだねぇ。元気にし..
by tsubasahappy at 01:57
翼さん、お元気ですか? ..
by まりりん at 03:09
>いわさきさん 僕もテ..
by tsubasahappy at 02:43
あんま知らんけど、てか知..
by たていし at 15:15
かつて「図書館以外の公共..
by いわさききえ at 17:18
お互い、ですね。 本年..
by tsubasahappy at 02:43
遅ればせながら、本年もお..
by 岩崎きえ at 20:33
それはあるかもしれないね..
by tsubasahappy at 02:57
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2006年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

OBPに向かう途中、BRAVAでのレインマンに集まる女の人がたくさんいた。

関西アートマネージメント学生会議なるものに参加。
この暴風雨の中、原チャで最寄駅へ行く。乗換駅では人身事故のおかげで全線運転見合わせで、戻って、中央線に乗り換え、途中からは歩いて大阪ビジネスパークへ。靴下までびしょ濡れで、15分の遅刻。
ハンブルク、ロンドン、跡見学園での教育のシステムと、それぞれの研究成果の報告。
アートマネージャーでも、芸術的なバックボーンか、経営的なバックボーンかで違うということを言われ、はっと気づく。そうか、自分はそっち(芸術)寄りなのか、と。だから、考え方もアーティストを保護してくれとか、もっとお金くれみたいな考えだし。けれど、知識としてのマーケティングやマーケット拡大の方法も知らなくてはいけないんだろう。阪大の発表者は、最後にさらっと、芸術と治安の関係に触れ、え~最後にそんな本題を!と、他国を経験してきただけの意見を言っていた。
交流会では、パズルを研究している人と、パズルは芸術かという哲学的な話をした。久しぶりに知らない人だらけの中で会話をし、なんとも疲れた。
帰りにちょっと前のバイト先に寄る。服飾の学校で忙しい友達は、私なんかのようにブログを書く暇もないほど、mixiをチェックできないほど、時間に追われてるそうだ。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-27 02:18 | Comments(0)

ダンスと演劇

7時半に帰宅。
今日は10時半にバイトなので、それまで荷ほどきをして、郵便物を片付ける。そのほとんどが請求書なのが、辛い。
久しぶりのバイトだったが、予想以上にお客が多く、忙しかった。ちょい疲れた。
バイトを終えてから、ダンスを見に行く。砂連尾理+寺田みさこ「パライゾノート」@伊丹アイホール

More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-26 00:37 | パフォーミングアーツ | Comments(0)

バスの中で。

実家での最後の日はのんびり過ごす。弟が昨日買ってきた服とメガネを見せてもらい、新聞を読み、ビデオを見て、風呂を洗う。
夜に仙台を出発。出発して間もなく、寝入ってしまった。普段は途中で起きることはないのだが、今回は車内が熱く、かなりのどが渇いて起きてしまった。いつもは降りることのないSAで降り、飲み物を買いに行った。買いに行ったはいいが、どうにも目が覚めてしまい、寝れなくなってしまった。けれど、再出発したバスは10分後に消灯なのだ。しかたなく読書をしようと読書灯を点けた。今日の私の席は3列シートの真中で、読書灯は左の席の人の頭上にあった。光の向きが私の方を向くようになってるはずなのだが、点けてみると、その半分は左の人を照らしている。しかも、左の人は寝るモードバッチシ。これは、マズイと思ってすぐに消す。寝れないし、暗くて本読めないし。それでも頑張って本を読もうと、携帯のライトで読み始めた。1分ごとに消えるライトを、何度もボタンを押して点け続け、90分読んで、疲れた。
明日はちょっと忙しくなるな、また1週間後には夜行バスに乗ってるな、など考えて、ようやく睡魔がやってきた。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-25 01:00 | Comments(0)

熱い風呂と静かな時間。

実家での最後の夜、ゆっくりお風呂につかろうと思う。
今回もゆっくり満喫した。大阪での生活とは全然違うサイクルで、滋養補給はバッチリ。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-24 01:49 | Comments(0)

友達は有給休暇を取って遊んでくれた、快走・快適・快眠な日。

週間天気予報では、雨だった水曜が、当日は快晴。
今日の予定は、洗車してからドライブ。
友達の車だけど、洗車するのは結構楽しかった。いつもいつも乗せてもらってばかりいるので、たまには恩返しを。外も中も3人でみっちり。アジカンを大音量でかけながら、冬空の下でピカピカに。
キレイになったわれらが愛車とともに、なんとなく南下。道中はサザンやフォーククルセイダーズやアリスやケツメイシやイエモンやミスチル。思い出話とともに、仙台空港へ向かう。仙台空港の横にある公園を目指して。遊具でひとしきり遊ぶ。シーソー、アスレチック、のぼり棒、うんてい、ターザンロープ。そして、空港へと飛行機が次々に着陸するのを真下から見る。落ちていた空きペットボトルでサッカーをし、川に石を投げて、寒くなったので車に戻る。
ちょうど仕事帰りの友達と合流できそうなので、帰りに仙台に寄る。友達と合流したときは、悲しくもないのになぜだか「車の中でキスをしよう」を大熱唱していた。「抱きしめたい」「Everything」「シーソーゲーム」「Tomorrow never knows」「JAM」「SPARK」を歌ったところで、われらが塩竈に戻る。
店に入る前にラーメンを食べたのだが、結局ずいぶん食べてしまう。途中の10分間、お互いをほめちぎろう!という遊びをやった。褒め下手な友達は、褒められっぱなしなので、かなり照れていた。ラスト1時間きってから、熱燗2合半を飲んでしまい、帰宅後即就寝。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-23 00:26 | Comments(4)

年頃に生きる。

弟のいる山形へ、何するでもなく、しいて言えばデスクトップのPCを届けに、一泊。
彼の食生活は驚くべきもので、彼の名誉のためにここには書かないが、一泊でいいと思った。大学に行ってからは、お互いなかなか近況を知ることができなくなっていたが、部活をやるなかで、遠征で京都や福井に行き、写真の中でピースをしている彼を見ると、兄弟愛と言うには照れくさい年頃で、また、そう呼んでしまうと一般化されてしまうのでイヤだけれど、確かに愛というものがこみあげてきた。
バスで仙台に戻ってくると、4年ぶりと6年ぶりに会う友達と再会。変わってないと言われた。もうそろそろ変わってほしい年頃なんだけれど。一緒の時間をすごしたのが、中学と小学なので、自然と思い出話や、誰々が結婚したとか、今はどこにいるとか、そういう話になってしまう。最近富に強くなっている傾向で、そういう年頃なんだわ。
私自身も少し考えていて、他のブログでも言及されていた、死者の顔を写メで撮る行為について。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-22 02:15 | Comments(0)

英語で。

子ども劇場の付き添いスタッフとしての仕事は、今日で終わり。
ganble夫妻から、good roadie だったというもったいないお褒めの言葉をいただいたが、別に何もしてない。搬出・搬入、仕込み・バラシ、照明オペ、カメラマン(観客を撮る)、通訳・話し相手。どれも常識の範囲でできることだった。最初は、今回の公演から学ぶことってあるんだろうかと、非常に不安になったが、自分が出ればぶつかるものは多くなる。当然といえば当然だが、当たり前のことがここにもちゃんと転がっていることに気づいた。また、自分が築いてきた語学力というのは、一般的に見れば、まだ使える方なんだなというのもわかった。
自分の思い、目標を外国語あるいは、第二外国語で表現すると、自分の力がよりはっきりする。アーツマネージメントなんて抽象度の高い学問なんかを、日本語みたいな言語で話すと、余計にわかりづらくなり、飾りが多くなるけど、自分が拙くしか表現できない手段(手話や点字や文字化など、人によって異なる)でやってみると、発見がより多いなと感じた。
今日は午前中の公演だったので、お昼は軽く打ち上げをした。「浦霞」という塩竈の地酒を白昼堂々飲み、顔を赤らめての帰宅だった。本当にありがとうございました。

・カーリングのどう盛り上げっていいのかわからない感じと、かなり知的な感じが素敵。昔、男子のカーリングで敦賀さんという人が、(おそらく長野で)やっていたのを見てから、すっかりはまってしまった。カーリングが面白いことをganble夫妻に伝えようとしたら、発音がよくなくて、かなり時間がかかった。カーリングの投げる真似をしたら、フェンシングか?と言われた。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-20 01:57 | Comments(0)

自分の力。

今日は朝から出ていたので疲れてしまった。
自分とは違うやり方が受け入れられているのを目の当たりにすると、どうしていいかわからなくなる。
加えて、なかなか来ない電話にイライラした。
「とっさ(アドリブ)」に弱い自分にイライラする。
アートというものが、社会をどうするのか。根拠はないけど、いろんな人の刺激を受けて、精製されていく。けれど、こういうことを論文で書く場合は根拠が必要で、このまま書けば、単なるエッセイになってしまう。こういう思いを書くにはどうしたらいいんだろう。

・時効警察に出ていた麻生久美子が非常にカワイイ。有頂天ホテルではあまり目立ったキャラではなかったけど、おさげ大嫌いの私が、許してしまった。
・がんばれ、チーム青森。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-19 00:40 | Comments(4)

professional

今日も何もしなかった。
本当は電話待ちで、その電話が来次第、銀行に行こうと思っていたのだが、その電話も話半分で終わってしまって、折り返し電話を待っていたが、結局来なかった。明日からはちょっとだけ忙しくなる。
先日ある人に言われたことがある。私が大阪で関わっている団体のことを話したとき「その団体はプロなのか?」と聞かれた。
私:「客からお金を取って活動しているという意味ではプロですが、彼ら自身がどう思っているかはわかりません」
相手:「それで飯を食っているんですか?」
私:「そうではないです」
相手「じゃなかったら、アマチュアだねぇ」
プロとアマチュアの境は、非常に曖昧ではあるが、私はそれで飯が食えてるかどうかは絶対的判断基準ではないと思う。弘前劇場やコンドルズは他に仕事を持って活動しているし、別にそれは悪いことではないと思うからだ。NYでは、その活動に専念している人という基準でプロフェッショナルか否か(うろ覚えなので、確かではない)を決めているが、あれはあっちのような芸術をサポートする体制があって成り立つものじゃないかと思う。現に、関西の演劇界で演劇だけで飯を食えてる人ってどのくらいいるんだろう?維新派の役者は食えてないので、プロじゃないんだろうか。
ダンスや演劇関係者で、その仕事だけで食べていけるような人は、ほんの一握りで、それ以外はアマチュアなのだ。なのに、不祥事だらけの警察官や、疑惑だらけの政治家が、プロと認められるのはおかしいんじゃないか。そういう考え方が社会通念上正しいのか正しくないのか。悶悶、不問。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-18 00:31 | Comments(2)

増量希望。

実家にいる間に少し太ろうと思っている。
少し太ったけど、まだ足りない。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-02-17 00:27 | Comments(4)