ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のコメント
就活は、時間だけじゃなく..
by tsubasahappy at 13:34
お久しぶりです! 講演..
by ニシワキ at 21:41
久しぶりだねぇ。元気にし..
by tsubasahappy at 01:57
翼さん、お元気ですか? ..
by まりりん at 03:09
>いわさきさん 僕もテ..
by tsubasahappy at 02:43
あんま知らんけど、てか知..
by たていし at 15:15
かつて「図書館以外の公共..
by いわさききえ at 17:18
お互い、ですね。 本年..
by tsubasahappy at 02:43
遅ればせながら、本年もお..
by 岩崎きえ at 20:33
それはあるかもしれないね..
by tsubasahappy at 02:57
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2006年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

寝るか走るか。

始発で帰ってきて、寝て。
変な音で目が覚める。何やらビタビタ、ビチャビチャ音がする。一体なんだろうと、時計を見ると12時。外を見てその正体がわかる。この寒さで、外にある洗濯機用の水道の蛇口が取れていたのだ。中にあった水は凍結することで、体積が増える。
※液体から固体になることで体積が増えるのは、とても珍しいと昔、理科の実験でやった。通常、固体、液体、気体で体積は増えていくものなのに。

体積が増えて、蛇口がずれて、水が噴射していたのだ。しかし、それは私の家の蛇口ではなく、うちの二階の家で、上から水が降ってきて、その水が目の前の岩に当たって変な音がしていたのだ。私もつい最近、これが起きて、水道管が破裂したものとばかり思って、大家さんに電話をした。大家さんは出なかった。けど、実は、この蛇口は思いっきり押せば、蛇口がまた戻って、普通になるのだ。大家さん出なくてよかった~。わざわざ家に来てもらって、15秒で治りましたじゃ、お茶を出す暇さえない。
早く直してくれないかな~と上の人に祈る。だって、水しぶきでうちのベランダも水浸しだから。洗濯して、ご飯食べて、日曜に家にいたら、必ず見るアタック25を見る。児玉さんの右手は、しっかり握られていた。ダンディーです。ミリオネアだと目立つので、アタック25にいつか出たい。あの出演者紹介で恥ずかしくバストショットをカメラでぬかれるとき、どうしたらいいかが一番の悩みどころだけど、いつか。そして、ちゃんと5人目の参加者として、テレビの前で早押し。結構早いよ。
一位の人がパリ・モンサンミッシェル行きをかけてチャレンジする映像問題は、九州国立博物館だった。私はわかったけど、馬面の八の字眉毛の人はわからなかった。モンサンミッシェル行かせて、児玉さん。
本を読んでいたらいつの間にか寝てしまう。起きたら18時。今日は18時からバレーをしにいくのだった。着替えて18時半に待ち合わせの場所に着く。バレーとバスケなのだが、どちらも中学の体育以来。アンダーパスはあまりにも腕が痛くて、ついつい足が出てしまう。というか、出してしまう。痛くて・・・。個人的な目標は“そつなく”。ミスだけないよう、慎重に。バスケは速攻の速さにびびったが、4分で交代なので、どうにか一緒になって走る。けど、全然活躍してない。来週はフットサルなので、活躍しまくろう。
春休みの予定が決まった。
来週の日曜はきっと一日サッカー。
2月8日:帰郷。子ども劇場の手伝い。2月25日:帰阪。3月3日:横浜。ダンスを見る。3月5日:帰阪。3月14日辺り:アメリカ西海岸。東海岸&カナダ(未定)3月末くらい:帰阪。論文頑張ります。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-30 02:44 | Comments(0)

終了、少し疲れた感のある日記。

カフェ企画[ourHour]の本番。
前売りは完売で、当日客の報告もちらほら受ける。
会場を作って、昼ご飯を食べて、受付を作ったら、すぐに開場の時間。
昼の部は私の友人やお世話になっている先生もたくさん来てくれた。すごく久しぶりだった人もいて、終演後の挨拶まわりも弾む弾む。
夜の部は昼のお客さんが出てから、20分程度で入場開始になる。休む暇もなく、パンをかじりながら受け付け。外は寒かったけど、今回の受付のパートナーは必要以上に元気な人で、疲れている体には、毒でもあり、薬でもあった。その相手をするのも疲れたし、逆に励まされるときもあった。夜はまた別の、お世話になった方々、大切な友人たちが来てくれて、全部を回りきれなかった。来てくれたたくさんの人たち、会えてとても楽しかったです。
終わったと思ったら、どっと疲れて、非常にグッタリ。もう帰ろうかと思っていたら、なんとなく、流れでそのまま朝までの打ち上げに。酒を飲んだら少し元気になった。いつもは一緒に呑んだり出来ないメンツで、普段は話さないことも、思い切り。
電車で戻ってくると、原チャに霜が降りていて、とても寒かった。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-29 13:57 | Comments(0)

奥の手発動。

掃除と洗濯から始まった今日。
3週間以上旅をすると、ひとまず自分の家に戻って、体勢を立て直したいという感覚が、3連勤した次の日の朝の感覚と似ている。家事や、いろんな人へのメールや、細々したことをこなす。
明日の企画のために、銀行に両替しに行く。しかし、困ったことに、住友では50枚以上を両替すると手数料が取られる。ん~ん~困った。けど、明日の集合時間には銀行は開いていない。何より両替機が開いてない。ん~ん~どうしよう。UFJに行ってみたが、私はここのカードを持っていないので、無理だった。
考えた結果、以前のバイト先に行って、どうにかしてもらおう。無理だったら、隣のクレープ屋さんにどうにかしてもらおう。と、かなりの他力本願で行った。そしたら運良く、働いていたバイトもちょうど私が仲のよかった人で、無事替えてもらえた。本当にありがとう。
久しぶりに会ったら、店長への愚痴満載だった。ここのバイトは、今年の冬で知っているメンバーがほとんどやめてしまうので、もうこんな奥の手は使えないし、何よりここに来てももう楽しくない。
ゲームの話、三国志の話、ちょこっと絵ほんの話。新しい仕事の話。そこで1時間も過ごしてしまう。
奥の手と言えば、前にいた学校のある場所(集会所)で、公演のときに規定により照明が使えないとなったとき、学校の学生課よりも偉い事務局長とのコネを利用して、学生課の許可を奪ったときは爽快だった。学生課職員の態度が、豹変する現場にいわせることができなかったことが残念。彼らのあの権力に逆らえない姿勢を生で見たかった。
明日は早いので、今日は早めに寝よう。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-28 01:08 | Comments(0)

腰が痛いのは、労働のせい?PCのせい?

今日で3連勤が終わった。3連勤もすると、家事とか自分のことがたまってしまう。
今週はいつもよりずっと、PCの前にいる時間が長く、こんなに座りたくないな~と実は思っている。今週末の企画が終われば、解放されるはず。
来週のオフは理想の一日を過ごそう。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-27 01:47 | Comments(0)

気に止まったこと。

うちのバイト先でとても気になる人がいる。
その人は商品の荷受場で働いてる。つまり、屋根はあるけど外で働いているようなものなのだ。なのに、冬でも半そで。よく寒くないな。しかも、エプロンが自前。私たちは普通、お店の名前の入った黒いエプロンを着ているのだが、その人はベージュの小さなエプロンをしている。そして、もう一つおかしな点は、その半そでのサイズが明らかに大きいこと。ひじが隠れるくらいの半そでで、6分くらいの丈。彼はきびきび働いているから、真面目な人なんだろう。もう少し寒くなったら、勇気を出して声をかけてみよう。
今日久しぶりに一緒に入った、こんにゃくおばさん。蒟蒻畑ばかり品出しする人だが、最近腰が痛くて病院に行っているそうだ。重いものはほっといて、誰かにやらせといたらいいんですよ~と助言したが、その誰かはきっと男である、私の確率が高い。今日久しぶりにゆっくり話したら、将来の話から、兄弟の話になった。次男は実は親孝行なんよ、二人兄弟の長男なんて、ワガママだよ~、と言っていた。基本的に次男の方が自由奔放な気がしていたが、そうじゃないらしい。長男のほうが、姫よ玉よで育てられたからなのだろうか。

気になったこと一つ。こういうことでも処分になるのか、ということが非常に意外だった。サッカーと政治は別なのだ。
気になったこともう一つ。学者ってこんなもん。素数を見つけて何になるのか、私も不思議。けど、無駄なことに一生懸命になれるのは、きっと男で、こういうキラキラした瞬間のいくつかを横で見てみたい。

余談:以前ここで告知した[ourHour]は予想以上の予約を受け、夜の部は完売しました。昼の部もあと数枚を残すだけです。ありがとうございます。ご覧になれない方も、ブログで楽しんでください。今週末が本番です。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-26 01:49 | Comments(3)

インプレッション。

久しぶりにまわってきたバトン、印象バトン。

■回してくれた方に対しての印象
寺師の印象。末っ子、ゆるい、流れやすい、悩みがち、純粋、思い切りがいい、意外とちゃんと考えようとしている。

■周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ
厳しい、真面目、かたい、ネットばかり、あとはわからず。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-25 02:19 | Comments(0)

しっかり食べると、いつもより睡魔に打ち勝てた。

昼から蛍池で昔の先輩に会った。蛍池なんて行ったことなかったけど、寒さの中、原チャで向かう。修論の話を聞いてもらったり、昼下がりを暖かいカフェで過ごす。留学前に私に素敵なアドバイスをくれた人で、阪大を卒業してから、今は理学療法士を目指しているそうだ。出かける前にどんぶりを食べて出たのだが、カフェでも定食を食べる。
先輩と別れてからは、箕面の学校に行き、勉強する。分厚いのでもっと時間がかかると思っていた本が、資料が多く、意外に短く、全部読んでしまった。
キリがよかったので、ちょっと早いが帰る。月曜日はいつも学校なので、こんな時間にうちにいることはないのだが、月曜日を満喫して、多くのメールを処理していたら、あっという間に時間が過ぎる。
明日はバイトだけど、週末よりは少しは収まっているはず。ゆっくり働こう。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-24 00:30 | Comments(2)

愚痴じゃなくて、思いです。

バイトがセールでとても忙しかった。
みんな黙々と品物を出して、それでもお客さんの方が圧倒的に多くて、いつの間にか終わってた。すごいな~ここのお店は。
私が実演芸術の場にかかわりだして、もうすぐ3年が経とうしている。3年というのは一つの節目で、そういう意味でも一つの論文を書くということが、自分にとって必要なのではないかと思っている。
ここまででいろんな人に出会った。私が新しい人と出会うときに注目する点の一つに、歴史を背負っているかどうかというのがある。私が出会うタイプの人間は、実演芸術に関わる立場の人間が多く、ここで言う歴史とは、人生という歴史ではなく、自分の好きなこと、あるいは専門のことについての歴史を、どれだけ把握した上で、自分のポジションにいるかということである。ダンスならダンスの、芝居なら芝居の流れを知った上で、自分が今いる時代との関わりから、表現していく。
これは、賛否両論あるのを覚悟して書くが、極端な話、何かの表現活動をしたいのなら、哲学や美術史を一通りやれということなのだ。
そんな難しいこと考えなくても、好きなことやればいいじゃん、と言われるのも覚悟してるが、それが松本雄吉が言う、現代人のうすっぺらい体と、共通する点だ。私が一緒に仕事をするときにも、どうも信用できない人たちは、こういう積み重ねがない人たち。野田秀樹が好きなんです、毛皮族が好きなんです、ピナ・バウシュが好きなんです、KATHYが好きなんです。きっかけとしての「好き」なら、構わない。鑑賞者としての「好き」なら構わない。けれど、表現活動、あるいはその制作をやる人間が、そういったことを知らずにやるのは、危険な気がする。芝居に関して言うならば、最近の京都はさておき、大阪に至ってはひどいと思う。公演を成立させるスキルは、役者、作家、制作とも、経験をつめばある程度身につくが、それは単にこなしているだけなのだ。
今評価されている、人たちの中には少なからずそういう人たちもいて、そんなの何が面白い(interesting)だろうと、不満もある。
そういうとことは、別に活動していきたいと思っている。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-23 01:50 | Comments(0)

降られなくてよかった。

昨日の朝帰りから目覚めたのが昼過ぎ。
寒かった。モゾモゾと起きだして、手紙書いたり、メール打ったり。
そのあとは京都へ。一昨日の天気予報では雪と言っていて、電車が動くか心配していたのに、雨さえ降る気配もなく、時間通りに着く。ARTS NPO LINKという全国にあるアート系NPOへボランティアを派遣したり、ネットワークの役割を担っているところの、ボランティア募集に応募しその説明会だった。3月にあるマリー・イシュナールという人が主宰するカンパニーの、大阪公演のスタッフだった。年末に働いたアートカレイドスコープから派生した人脈で、事務所こそ大きくないが、全国的に活動しているNPOだった。代表の方は、なんと我が心の師である桜井圭介さんとも知りあいらしく、かなり驚いてときめいてしまった。打ち合わせが終わったあとも、加藤種男さんから電話がかかっていたみたいで、ときめく人たちばかり名前が出てくる。極めつけは土方巽の出ている映画「恐怖奇形人間」のビデオを持っていたことだ!ダムタイプのビデオも十分素晴らしいが、それは京都芸センで見れる。土方は一度映画でちらっとみただけで、動く映像なんてほぼ見たことがない!それはホントすごくて、出された直後、ビックリして触れられなかった。そのまま下げられてしまったので、あとからもう一度見せてもらった。獣的で祭儀的なマリーの「春の祭典」の映像を見て、今後の予定について話して、打ち合わせは終わり。
春の祭典は、過去にもニジンスキーやピナ・バウシュなんかがやったみたいで、それをやるのはかなり勇気や技術もいるけど、それがマリーの心意気らしい。ディアギレフとニジンスキーが同性愛者だったらしい。
その後は一人で京都芸センに行き、演劇人を読む。鈴木忠志とドイツの劇場がちょっと羨ましかった。
夜に見た「恋のから騒ぎ」に出ていたある女の「まだ一回しか会ってないけど、その人良さそうなのよ~。誠実そうだし、運がよさそうだし~」という発言に一人大笑い。友達から借りていた「詩のボクシング」も少し見た。良かった。よかった。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-22 01:39 | Comments(0)

身も心も満足です。

今日のバイトは思いっきり肉体労働。明日から始まる大セールを前に、かなりの納品の積み下ろし。こればっかりは、おばちゃんたちにできないので、愛しのおばちゃんたちのために、数少ない男手として、がっつり働く。おかげでいつもよりおなかが空くのが早かった。うちのお米売り場はラジオが流れている(普通の売り場は歌詞のない音楽)のだが、久しぶりに聞いたTRICERATOPS の「Rasberry」が非常によかった。また聞き直そうと思った。
夜は友達と飲む。二人っきりでよく飲む友達で、ミニビールサーバーを買った友達。ミニビールサーバーを買うくせに、なぜかその冷蔵庫は壊れていて、今は冬だからいいものを、夏は全てのものを冷凍庫に入れてしのいでいるらしい。・・・・。逆な気がする。
いつものように、1月から始まったドラマを全て批評して、彼が好きな三倉マナカナの今後を真剣に話し合い、「赤い疑惑」の百恵(役名はさちこ)ちゃんの、背負っているものの重さを涙しながら二人で分かち合い、彼の仕事について話し、彼女を束縛したがる男に怒り愚痴り、たまたまテレビで始まった映画に出ていた宇津井健にきゃっきゃし、琉球泡盛の「くら」にクラクラし(これは昨日彼が何度も何度も使ったネタ)、恋愛の思い出の曲はないけど、彼の大好きな井上陽水の思い出の一曲は「愛は君」だと話し、大阪市長選挙の投票率は20%を切ると、彼は予想していたのに実際は37%で恥ずかしかった話をして、名残惜しそうな彼を尻目に帰宅。
雪が降ると言っていたのに、全く降らず、家に帰って、冷たい布団にもぐりこむ。
[PR]
by tsubasahappy | 2006-01-21 03:01 | Comments(2)