ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のコメント
就活は、時間だけじゃなく..
by tsubasahappy at 13:34
お久しぶりです! 講演..
by ニシワキ at 21:41
久しぶりだねぇ。元気にし..
by tsubasahappy at 01:57
翼さん、お元気ですか? ..
by まりりん at 03:09
>いわさきさん 僕もテ..
by tsubasahappy at 02:43
あんま知らんけど、てか知..
by たていし at 15:15
かつて「図書館以外の公共..
by いわさききえ at 17:18
お互い、ですね。 本年..
by tsubasahappy at 02:43
遅ればせながら、本年もお..
by 岩崎きえ at 20:33
それはあるかもしれないね..
by tsubasahappy at 02:57
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2005年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Nekem a legjobb tanulas a beszelgetes avval az emberrel.

今日はカレイドに終日つきっきり。けれど、平日の昼間なんてお客が少なく、仕事ないんだわ。ひまにかまけて、現美センターのボランティアさん(現代美術センタ-でコンスタントに働く、ボランティアさん)と話し込む。普段はできない具体の話をしたり、シーレやアンソールの話、自分の研究の話。普通のおばちゃんでもやっぱり、美術の話は通じるのが非常に嬉しい。を、しているうちに、大阪市の職員が展示室にやってきて、そのままいろいろ話す。私の母校である、大阪外大が上本町から箕面に移転したのは、土地を求めたのもあるが、工場等制限法により、移転したそうだ。その当時、学園闘争などもあり、大学は市民にとって厄介者だと思われており、どうせなら市街から離れてほしいということで、工場等の「等」の部分に大学が含まれていたそうだ。ほぇ~。また、どっかのお風呂屋には元永定正の絵があるとか、各小学校や中学・高校には、結構すごい美術品が眠っているそうで、そういうのを回るというオリエンテーリング企画もいいんじゃないか、とか提案していた。話していた時間帯的には仕事中なので、確実にあれはサボりだが、16時からの会議に間に合えばいいとその監査室の人は言っていた。私も本当はもう一つの部屋にいなくちゃいけなかったから、人のことは言えない。
そのあと、交代の現美のボラさんも来て、1時間ほど三人で話す。ここでは書けないような話もたくさんあったが、その人が働くのをやめてから飼い犬が見向きもしてくれなくなったとい言っていた。犬は正確にボスを見抜く。その人は変に賢い分、ボランティアとしては、少し難しいところもあるが、大変勉強熱心な人で、最近のオタク傾向を捉えるために「電車男」を読んだり、「ゾウの時間、ネズミの時間」を読んでいるそうだ。なんだかんだ言いつつも、お金のない現美センターをより良くしていきたいという点で、畑は違うが志の共通点を感じる。
一番始めに話していた、ボランティアのおばちゃんには、案の定気に入られ、ここでもおばちゃんキラーっぷりを発揮してしまったわけだが、見せてもらった美術手帖には、ダンス特集がされていて、明日買うことを決意!!!まじでたくさんのヨダレが出る記事ばかり。
ここの展示室には苔の展示がされており、定期的に水をあげなくてはいけないので、じょうろで水をあげる。そのうちになんだかすごく楽しくなる。苔ってクッションみたいに柔らかくて、すごく緑で。なんだか分からないけど楽しい。冬休みにはいったら、どこかに苔を採りに行こう。小さな苔を飼おう。
今日は久しぶりにCDを新譜で買った。くるり「NIKKI」。今月来月とちょっとした臨時収入が複数から入るので、ちょっとほしかったCDを奮発して買う。来月も好きな歌い手のアルバムが出るそうで。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-30 01:40 | Comments(2)

最近ちょっと悲観的かも。

昨日はPCの機嫌が悪く、できなかった仕事を朝起きて、する。無事に終えて、学校へ。最近の夜寝れない症候群のおかげで、昼間はがっつり眠くて、本当は読まなくちゃいけない文献も、電車の中で読めずじまい。乗り物では必ず寝る症候群、少しおさまっていたのに。
文化行政の話では、さきらの話や市場化テスト、図書館に指定管理者を導入したら、という話。行革推進派の人たちは、何にでも市場原理が応用できると考えているようで、コストを抑えつつ、質の維持あわよくば、向上をできると考えているそうだ。たぶん、根本的に理解しあえないとこなんだろう。100万人の来場者を突破することと、たった一人の世界的アーティストを産むことはどちらが大事か。たぶんどちらも大事。けれど、今の流れは、確実に前者の方で、アーティストは細々とやっていくしかない。京都という比較的モノつくりは恵まれている環境でさえ、有名劇作家を放出してしまう。道のないところに道を作るのが、アーティストの宿命かもしれないが、個人の時代を標榜するなら、ちょっとくらい、優しくして。というのは、甘えかな。
唐十郎が勲章を辞退してくれたのは嬉しかった。腐らずにやっていくしかない。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-29 01:46 | Comments(2)

いつものように、見たものイロイロ。

久しぶりにバイト。今の時期は繁忙期で、時給も上がる。けれど、いつも通りいそがず焦らず。この前忙しさに流されて、自分も張り切ったら、レジでミスった。お客さんは気づいたかどうかわからないけど、品物一個分多くレジを打ってしまって「あ~やばい・・・」と気づいたときは、お釣りを渡すとき。だから、急いてはことを仕損じる、と言い聞かせて、決して急がない。
帰ってきて、流行りの経県値というのをやってみる。住んだ県や泊まった県などを点数化して、全部で何点になるかという遊び。90点だった。西日本は全くダメで、四国&九州は全くの未踏地。100点目標だったんだけどなぁ。阿刀田高の「ぬり絵の旅」という作品でも、自分の行ったことのある県を塗りつぶしていくことをしていた。そのときも、自分で塗ってみた。経県値は、細かく点数化した点で現代風。
今日の情熱大陸はウィルスの研究をしている人。素敵だなぁ。好きなCDが宇多田とか、倉木麻衣とかかなり俗っぽくて、そのへんのギャップも。川本真琴がどこに行ってしまったのか、私と同じ疑問をもっていた。ウィルスって動物ではないそうで、核酸とたんぱく質でできた、微生物だそうだ。今はエボラウィルスの研究をしていて、蝙蝠の血と肝臓から、エボラウィルスへの抗体を発見しようとしている。100の失敗の先にある、1の成功を期待して。
馳星周がサッカーについて語る番組があった。彼はクラブチームありきの考えで、今の日本サッカーは、代表が一番人気で、次は海外組。Jリーグにはあまり興味がないようだ。よ~くわかる。にわかサッカーファンって代表を応援して、代表戦に一喜一憂するけど、サッカーが好きならば、例えJリーグだろうと、名プレーには拍手し、そうじゃないのには、例え自国の代表だろうとブーインすべき。バルセロナの例が映されていたが、バルセロナのファンが考える、バルサの象徴はエトオやロナウジーニョではなく、プジョールというバルサの下部組織:カンテラ出身のDFだった。それは、彼が闘志あふれるプレーを常にするからだそうだ。サッカーが生活の一部になってる人らとは、全くレベルが違う日本。FIFAランクは15位。これはおかしい。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-28 02:03 | Comments(0)

月夜の晩に鶴と亀がぶつかった~♪

劇団態変、金満里のソロ「月下咆哮」と態変の公演「記憶の森」をダブルで鑑賞。@精華小劇場。「これを見なくちゃ損」リストの5作品のうち3作品がここ精華で行われている。

More
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-27 00:56 | パフォーミングアーツ | Comments(0)

少しは健全な生活リズムへ。

カレイドスコープ初日。
今日はフレイザー・ステイブルズというアーティストのダイアローグに続いて、カーレン・ヴァンデルボルヒトとうぱおのダイアローグ。
初日と言うことで、スタッフ陣の仕事もバタバタしていて、じっくり聞くことができなかった。
ホントくたくたに疲れた。特に何か働いたって感じではなかったが、気づけば12時間弱家を離れていた。はぁ。夜のダイアローグには、デス電を終えて、次の仕事を探している先輩も来ていた。体調を崩していたようだったが、もうすっかりよいみたい。お腹が空いたという後輩のワガママに付き合ってもらって、もう一人知り合いの方と三人でごはんを食べる。ようやく復活。そのあと二人は仕事の打ち合わせへ。
帰りに例の如く米をもらいに行く。どうにかお返ししたいなぁという話をやんわりマスターにしたら、もしそう思うなら自分が(大阪弁でおまえの意)出世したときに、周りにしてあげ、と言われる。自分がお返ししたい相手は何をしてあげれるか考えても、もう既に持ってる(お金なり地位なり)ので、俺が君にこうしてあげてるのも、昔お世話になった人への感謝の気持ちからだ。だから負担に思うことはない、と言われた。やります、マスター。
今日はもう眠い。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-26 01:37 | Comments(2)

書かなくてはいけない。

障害者自立支援法のドキュメントを見た。
今後はひとつきあたり、4万円以上の負担が増える人もいる。今後は作業所も福祉施設とみなされ、働くのにも1万円以上払わなくてはいけない人もいる。ミシンで雑巾を縫う作業をしている人の1ヶ月の収入は2600円。公的な介護士がついて、介護にあたってくれる時間が減る人はほとんど。
首から下が動かない人が町の福祉課と話していた。
宮野さん「やりたいことをやりたい時間にするというだけでも保障されたい」
職員「人間がやりたいことをやりたい時間にやるというのは、健常者でも難しいですよ」
宮野さん「じゃああなたは、うんこがしたいときにできなくて、もらしたことありますか?」
職員「(苦笑しながら)いやないですけど・・・」
宮野さん「僕らは介護の人が来るまで、垂れ流しで待つしかないんです。排泄でさえ自由にできないんです」
彼らがいかに涙を流しても、ホワイトカラーの人間は改革を叫び、民に民に移行させ、京都議定書を無視しつづける戦争マニアをもてなす。経営のスリム化を目指し、民に移行するのはいいが、民でできないことは官じゃないの?官は何をしてくれる?してくれるのを待つのはいかんの?じゃあせめて、彼らが収入を得る場所を保障してくれ。
涙がポロリ。でてきてでてきて。悔しいなぁ。
今週末は態変の公演がある。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-25 02:14 | Comments(0)

にわか手書き推進委員会。

たった今トップランナーを見ていて、とても熱くなった。
書家:柿沼康二がゲスト。全然知らない人だったが、書道はラブレターか遺書だと言っていた。
書って絵画じゃないけど、アルファベット圏にとっては、エキゾチックでかなり美的。ハンガリーにいたときも、漢字を書くと喜ばれたし、「未」という字を手に刺青している人もいた。その人にはあまり良くない意味だと言っといた。アルファベット圏にとっては、字それぞれに意味があるという感覚も面白いようだった。絵画のように、時間はかからず、一瞬で決まる書。その書き手の命を注ぎ込んだ書は、具体と共通点もあるなぁと思いつつ、白と黒で彩られ、読める読めないはまた別で、その字から受けるイメージや世界や、字なのに字にならないものがそこにある。こういう書に対峙すると自分の背の高さがわかる。自分だったらこれまでの24年間をどういった字で表すか考える。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-25 01:17 | Comments(0)

文字を捨てよ、おばちゃんと話そう。

今日も予想以上に午前中寝てしまったので、明日からは本気でがんばらないと。
会計学を受け、夜の授業まで、音楽を聴きながら読書。吉田拓郎「青春の詩」、「現代演劇のフィールドワーク」。
今日の文化都市産業論は、二極化する消費スタイルの話。高価&安価の二極化に加え、こだわるこだわらないという項目も加わり、全部で4つのタイプの消費スタイルがある。①お金をかけてこだわるタイプ、②相場より安くていいものを徹底的に探すタイプ、③高くてもこだわらないタイプ(コンビニみたいに利便性を求める)、④安ければ何でもいいタイプ。先週のフランスの暴動の授業から、先生の言っていることにちょっと違和感を感じてきた。こだわるこだわらないの話は、私にとって全く新しい話ではない。演劇の傾向をみていると、四季やNODAMAPといった、チケットが高額の公演は決して売れなくなることはない。芝居の世界の狭さを見ていると、自分の興味が向けばお金がないと言いつつも、映画より高いチケット代を払って見に行く。だから、今さらそんな話をされても、だから?と思ってしまう。100均や業務スーパーをよく利用し、卸のスーパーで働いている身としては、一般消費者の動向はよくわかるので、やっぱり教授は世間とタイムラグがあるなぁと感じた。
先週のフランスに関しても、メディアの影響を受けて過ぎているのは先生のほうで、車を燃やす行為だとか、民族的な原因だとか、もっと踏み込んでほしかった。車を燃やすと言う行為はフランスでは決して真新しいことでもなく、今回逮捕された3000人のうち、最も重い刑がくだったのは白人であった。もっといろんなことを加味しながら話してほしかった。結局、先生の結論は、夜中に車を燃やしにでかける子どもを抑制できない、親子関係に問題があると。じゃあ親子関係が崩れてしまったのは、なぜか?どうしたらあんなに長引かせずに鎮静化することができたのか。
17時過ぎに見た、グラデーションの空がきれいだったのを、思い出して、20:30の帰りの電車。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-25 00:32 | Comments(0)

もうしません。

滅多にしない、寝坊と言うものを今日はしてしまった。
集合の30分前に起床。今日でよかった。よくはないけど、今日ならまだ大丈夫なので。
どうがんばっても、着くことは出来ないので、せめて忘れ物はないように、と出発。
昼間は暖かかった。
今日はカレイドのボランティアのオリエンテーション。設営も着々と進んでおり、ボランティアチームや、pspチーム(project scanner program)や、現美センターのボランティアなど、全員ではないけど、大方が集まり、会場を見たり、シフトの確認をしたり。
ボランティアの人たちはすぐ帰るが、私らリーダーはイスの搬入をしたり、明日のレセプションにつけるリボンを作ったり。私は明日学校があるのでレセプションには行けないが、記者発表とか、作家さんが来るみたいで、社会勉強としても行ってみたいな~。しがない一劇団では、なかなかそういう機会にめぐり会えないしさ~。
色々な人に会うと、名刺の渡し方で迷うときがあり、お互い同時に出したときはどうするか。本来は、両手渡し、両手受け取りが基本で、目下が先に出すらしい。ただ、実際それは難しく、片手渡し、片手受け取りでも構わないそうだ(実家の友達が課長から聞いた話による)。「片手で失礼します」と言いながら、お互いの肩書きを交換。
芝居の世界って、作る過程を見ると、どうしても身内の結束は固まるけど、内に内に行ってしまうよね~と言われた。う~ん。否定はできない。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-24 01:58 | Comments(0)

明日へ向けて。

いろいろなものを見たので、一つずつレビューを書くのが大変なので、見たものだけ書く。昨日から今日にかけて目に入ったもの。
立ち読み「生協の白石さん」
道端「ものすごく葉っぱに似ている蝶々」
ビデオ「もうお陽さまなんか出なくてもかまわない」(先生、すいません。再来週の発表には必ず持って行きます。)
「自慢ばかりする人」
前のバイト先「上司に不満たらたらの元バイト仲間」
今のバイト先「いつの間にかとてもキレイになったほとんど話したことのないバイト仲間」
少し目をつぶって、目に入れたくないものと、選別しようかな。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-11-23 03:07 | Comments(0)