ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
最新のコメント
就活は、時間だけじゃなく..
by tsubasahappy at 13:34
お久しぶりです! 講演..
by ニシワキ at 21:41
久しぶりだねぇ。元気にし..
by tsubasahappy at 01:57
翼さん、お元気ですか? ..
by まりりん at 03:09
>いわさきさん 僕もテ..
by tsubasahappy at 02:43
あんま知らんけど、てか知..
by たていし at 15:15
かつて「図書館以外の公共..
by いわさききえ at 17:18
お互い、ですね。 本年..
by tsubasahappy at 02:43
遅ればせながら、本年もお..
by 岩崎きえ at 20:33
それはあるかもしれないね..
by tsubasahappy at 02:57
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「すー」というコミュニケーション

朝、バイトに入ってすぐの時は、いろんな人への挨拶から始まる。社員さん、メーカーさん、守衛さん、バイト仲間。「おはよう」「おはようございます」「おっす」「おはよう・・・ざいます」「ざいます」「・・・よう・・・ます」「・・・う・・・す」「・・・・・・・・・す」
こうして朝のフロアには「すー」という音が響き渡っている。

私自身、今立っている場所にたどりつくことを全く予期していなかったのだが、最近やった動物占いとか、「わらび座」とか「子ども劇場」なんて今自分の前にある言葉なんか見ると、あ~やっぱりどこかでつながっているのかなぁと感じる。というもの、自分の親がそういう方面に関わっていたので。兄弟の中でも最もそういう方面に遠いと自分で思っていたのに、回り周り、出会い出遭い、こうなってしまった。こう書くと否定的にとられるかもしれないが、決してそうではない。2003年の1月にハンガリーから帰国し、同年4月から芝居をかじりだし、それ以降嫌なことをしてストレスがたまったことはない。唯一あるとすれば、卒論を書いたことだが、「こんなの論文じゃない。単なるエッセイですね」と諮問でなじられようと、目標は卒業だったし、自分の興味のないことについてしか書けないあの状況では、十分楽しくやったと思う。
今後もストレスとは無縁の場所で暮らしていくつもりだ。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-30 23:44 | Comments(0)

Liveは本物か。

今日は一週間で一番授業が多い日。とは言いつつもも3コマ。
うち2コマは本当に眠かった。途中で何度か寝たり、睡魔との戦いであまり入ってこない。昨日夜更かししたわけでもなく、そりゃ、バイト三昧ではあるけど、昨日はそこまで疲れてなかった。けれど・・・
なのに、最後の授業は一睡もしなかった。眠気なんて一度も来なかった。これは授業が面白いということ。寝ようと思えばいくらでも寝れるし、それでも寝なかったのは先生の勝ち。都市産業論(正確には覚えていない)という授業で今日は、なぜクラシックCDが売れるのかってことを新聞記事を引用しながら分析してくれる。88-89年に初めてCDがLPレコードの売上を上回り、一つ目の革命。そして後年になれば、今年が第二の革命の年になるそうだ。そう、i-podの登場。
都市におけるliveの意味について、70’sはliveがmediaよりも上位で、liveこそ本物であるという考え。しかし80’sに入り、liveはmediaの補完財となる。liveはCDの宣伝ツールであり、ライブに訪れる聴衆は音楽を楽しむのではなく、その雰囲気や一回性に魅力を感じて集まってくる。音楽聴いていたいなら、うちでゆっくり聴いているほうがいいよね。そう言えば「タッチ」のアニメでもかっちゃんがよく勉強部屋でレコードを聞いていた。しかも私が好きなショパン(あのアニメはよくショパンが使われている)。
CDの登場により音楽は「作品」→「情報ソフト」へと変わった。CDの加工技術により、編集された音楽が市場に出回り、一体何が本物の音楽なのかわからなくなってしまった。昔のように、一発録りの音が本物なのか、高度な編集技術によって作られた作品が本物なのか。後者も二度と再現不可能という意味では十分本物足りうる。また、ウォークマンの出現により、どんな空間でも個人で音楽が楽しめるようになり、ますますliveというものの意義が問われることになる。liveという観点で共通する実演芸術の世界も、なぜその表現方法をliveの方に重きを置いているのか、この複製の時代に、自分なりでも根拠を持たないと、ますます置いていかれてしまう。この授業は後期から取り始めた授業だが、とても面白い。後半はJリーグのことも触れるみたいで。

「現代演劇のフィールドワーク」はすごいことがたくさん書いてある。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-30 00:19 | Comments(2)

愛しのおばちゃんとエリンギシチュー

最近本当に地味に、ここのアクセス数が増えていて、これを読んでくれている人が10人越えている時点でもうすごいのに、もっといるってのはホント、ありがたいことで。かなり自分のための備忘録みたいに書いているけど、やっぱより多くの人に来てもらっているっては素直にうれしい。こんな感じで今後も書いていくが、よろしければ今後も。
今日のバイトでは私を評価してくれているおばちゃんが、実は来年で退職すること、その子どもはエリートであることが発覚した。前に話したとき、息子さんが京大から松下に行ったということを聞いていた。その息子さんは、勉強なんかせず、競馬場に行きまくりで常連のおっちゃんたちに「兄ちゃん、仕事紹介してやろうか~?」なんて言われていたらしい。松下以外のどっか大手を受けたとき、東大系の会社だったからあまり融通がきかないと言って、松下を選んだのは聞いていたが、今回は娘さんの話。今はイギリスで神経言語学の博士課程に在籍しているらしく、子どもの言語習得過程や、失語症の人の脳は普通の人とどう違うのかなんてことを勉強しているそうだ。ドイツやケンブリッジの学会でも発表しており、それはだいぶすごいんじゃないだろうか。TOEICやTOEFLの点も非常に高いらしく、通訳や翻訳の時給はその点数によって決まるそうで、日本に短期帰国していたときはそれだけで月30万は稼いでいたらしい。おばちゃんは決して自慢っぽく話していないので、私も普通に聞けた。自慢気に話す人なら、ふ~んとしか聞かないが、イヤミっぽくならないので、イイ。しかも、子どもの言語習得過程なんて、元言語学習者として非常に興味がある。そんなおばちゃんが来年の4月で退職だなんて。この人のおかげで普通なら厳しいレジ研修も、優しく教えてもらえたのに。
今日は初めて自らシチューを作ったけど、人参の生臭さと、エリンギの胞子っぽさであまりおいしくない。これどうやったら、うまいこといくんでしょ?
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-28 23:19 | Comments(0)

暇でもバイトは疲れるよ。

足は少し良くなった気がする。バイトはものすごく暇で、おばちゃんと話しながら、普段より遅く感じる時間を過ごす。おばちゃんとハンガリー人は似ているとこがあって、知識をもっているやつが強い的なところがある。そういう人はふんふん聞いているに限る。
ハンガリーで一番仲の良かった友達から来ていたメールの返事を書く。やっぱり全然だめで、すごく単純なことを書くのに、だいぶ時間がかかった。正しいハンガリー語ではないことはわかっているけど、通じることは通じるだろうな。単語は間違ってないもの。語順は恐ろしくバラバラだから、大学なら×だけど、コミュニケーションという意味では○なのです。こういうことを有名な大学教授たちは何一つ教えてくれなかった。言語はコミュニケーション力でなんぼという思想は日本にはなかなかなく、私が二年ハンガリー語を勉強してハンガリーへ行ったときも日本でハンガリー語を勉強してきたと言うことが恥ずかしかった。確かに言語から探る文化とか面白いとは思うけど、高校卒業したての青二才のモチベーションが上がるのは実際、学んでいる言語が通じるってことなんですよ、教授さん。自分たちの普段使っている言葉をその言葉で何て言うかという発想から、次第に高度化していくというような。まぁ、実際、ドラえもんのジャイアンさえ知らない教授とどう噛みあうかって言われたら、そりゃ無理な話でもある。さぞかし多くの空論を知っていらっしゃるんでしょうね、教授と言う生き物は。うちの教授にはもてなす心が足りないね。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-28 00:17 | Comments(0)

移動の記憶はない。ということは寝ていたということ。

授業。2限目は地域文化芸術振興論。わらび座の人が来て盆舞いを見せてくれる。父の机の隣にあったビデオのタイトルを思い出す。元々名前は知っていて、マネージメントの面でも特筆すべきことがあるということで、運営方法的にわらび座のスタイルも見るべき。舞いとしてはやはり伝統芸能は飛んだりせず、踏む。しっかり踏みつけ、両足を地面から離す事はなく、大地と天の間で舞う。やっぱり日本人の体にはこういうほうが馴染んでると思うな。アニミズムだもん。せっかくコーディネーターの人も来ていたので、単に公演告知だけでなく、わらび座特有の運営方法なんかにもちらっと触れてほしかった。なぜ秋田のわらび座が京都でやるのかとか。
文化行政の授業は前期よりは少し、現場の事例研究を用い、ディスカッションで行うというので少しはついていけるだろう。
終わるとすぐに演劇ビジネスモデル研究会。関西電力で行ったワークショップの反省や今後の展望等について。久しぶりの授業で、疲れてしまいあまり頭が働かなかった。とりあえず、今後の鑑賞予定や、後期の授業を手帖で確認すると、すぐに黒くなってしまう。いやいや。動きすぎだわ。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-27 01:25 | Comments(0)

ノイズこそ個性?

昨日早めに寝たおかげで、睡眠が7時間もとれた。おかげで寝起きはバッチリ。怪我をした箇所はまだ腫れがひかないが、なんとかバイトもこなす。帰りに例の米をもらいに行く。ホントにありがたいことで、いつもお世話になる元たこ焼き屋さんとか、ここのマスターとか何をしたら恩返しができるんだろう。たぶんあの人たちは欲しいものは持っているし、たぶん何あげてもうれしいだろうし。結局何が一番気持ちが伝わるんだろう。
帰って来ると、トップランナーで太田垣悠というバレエダンサーが出ていた。踊りながらMCの山本太郎や本上なまみと話していた。いくら自分にとって踊ることが日常的でも、やはり、彼らMCにとっては踊ることは一大作業であるため、終わったあと本上まなみが「どうしても踊りに目がいっちゃいますよね~」と言っていた。あれがお互い踊りながら、四方山話なんかしてたら決して不自然には感じないんだろうな。チェルフィッチュの岡田理論で言えば、日常レベルの会話でも身振りというダンスが含まれており、舞う人と舞わない人というギャップは生まれないんだろうけど、太田垣の舞いは彼女がバレエ出身ということもあり、どうしたって型っぽいんだもの。「パ」という無駄なものがない動きと、雑音の身ぶりにはどうしたって温度差生まれるんじゃないのかなぁ。
学校が始まってやるべきことはやれるうちにやろうと、いろいろ家を片付けながら、秋の鑑賞予定を決めていたら、すぐに情熱大陸。偶然にもここでもダンサー。コンドルズ主宰・近藤良平。私は教育番組をよく見ており、おじゃる丸も夕方クウィンテットも、にほんごであそぼもピタゴラスイッチも、たま~に、ようこそ先輩もがんこちゃんも見ている。もちろん近藤良平振り付けのからだであそぼも見ている(ここで森山開次というダンサーも知った)。確かに彼の作品は上にも下にも、好きなように動き、コンドルズの群舞でも決してキレイに合わせることもしない。どんな動きだってダンス足りうると考え、そういう即興性を大事にしているそうだ。今日の番組を見て、彼の基本にはコミュニケーションがあるように思った。振り付けも家で考えてくるのではなく、現場で創るし、横国の授業では90分握手するという授業だった(横国は去年までは唐十郎もいたし、ずいぶん素敵な講師陣だ)。彼のダンサーとしての能力は実際見たこともあり、とても素敵だった。そのときはなぜこれだけのダンサーが決して純粋なダンサーではない人たちとバカやって踊っているんだろうと思っていた。決して笑いをとる行為を否定的に考えているわけではなく、彼の体とやっていることにギャップを感じたからだ。けれど、そういうコミュニケーション重視で、コンドルズだって決して有名になること、継続することを目指していないことを聞いて、すごくよくわかった。ただちょっと、番組では彼を撮りきれていないところも多く、ナレーションも「やはりよくわからない・・・」。それを撮るのが仕事じゃん。福山雅治とかじゃなく、ああいう人こそもっと切り取ってほしいのになぁ。
最近は近藤や岡田やのように型にはまらない、ノイズを認めるというか、ノイズにこそ言葉ではすくいとれないモノがつまっているという流れがあるんだろうか。ノイズこそ今流行りのオンリーワンの結晶なんだろうか。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-26 01:22 | Comments(0)

よく動き、よく食べて、よく笑う。

午前中は大学の授業。後期一発目は楽しかった。後期は各自が発表することになり、考えなきゃなぁ、しっかり。萌えキャラの話が出て、そこから新しいことが生まれているわけではなく、全ては組み合わせと言う話。それを聞いて数年前のことを思い出した。私が芝居の世界をかじりだした頃、唐十郎や寺山の偉業を知り、ポストモダンの流れを知ったときに、愕然として主宰にメールしたことがあった。もう純粋に新しい芸術は生まれない。ポロックもピカソの幻影に悩まされてたけど、もう薬か酒でもやらないと無理なんじゃないかって。それに対し・・・。「アートがやりつくされてるって話だと思うんですが、それはポストモダニズムですよね、 ずばり。「全て」と考えるのは、非常に惜しいけど、まぁ、結構やり尽されてるわなぁ。 斬新!!と呼ばれるものが少なくなったのは確かだと思う。それを否定的に見るか、 肯定的に見るか。正直アーチスト皆その間でふらふらしてると思うけど、どうしても歴史は 生まれるからねぇ。過去を否定できても、やっぱずーんとそこにありますから、過去は。 とりあえず「人生は一回きり」ってのと、「やり始めるのに遅いということはない」ってのと、 二つをないまぜに考えれば、色々と人間の曖昧さってか、ふらつきかん。 」 私自身はこの頃よりちょっと変わってどこかでまったく新しい芸術が生まれるんじゃないかと信じている。芝居やダンスを見に行くのも、面が白くなる瞬間を求めており、だからどうしてもちょっとでも色がついていれば興ざめしてしまう。今日の授業ではこんなことを思い出し感じた。(無断転載ごめんなさい、t さん)
午後は急いでサッカー大会へ向かう。準々決勝で負けており、私が行った時点でもう試合はなかった。残念ではあるが、みんな(ほとんどが後輩)と絡むことができて、楽しかった。試合に関してはもちろん、いろんなプライベートなことまで。大会を通しては、どのチームもそこまで突出しているわけではなく、どこが勝ってもおかしくない感じだった。前回は、優勝したチームの圧倒的攻撃力で他を圧倒していたが、今回優勝したチームは予選ではまったくノーマークで何より、うちらがPKで負けたチームだった。準優勝したチームの方がいいサッカーをしていたが、勝負は筋書き通りには運ばなかった。できればまだ私が現役でやれているうちに一度くらいタイトルを手にしたい。
大会が終わると、みんなで王将へ。うちらのチームの歴史上、大会後にみんなでご飯を食べに行くということはなく、前キャプテンや古株の3人で「うちのチームのこんな姿初めて見た!!」と興奮して、酒もないのに、キャッキャしていた。次の大会まで間があくとチームのモチベーションが下がってしまうので、それをどう維持していくかが課題ではあるが、今はただみんなにお疲れと言ってもいいだろう。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-25 00:16 | Comments(0)

たっぷりの疲労と日焼けがおみやげ。

今日は5時に起きる。外は真っ暗。
家を出る6時過ぎには明るくなる。会場までの原チャは小澤征爾withウィーンフィルを聞きながら朝の空いている道路を快走。
今日の試合は第一試合(8:30~)と最終試合(16:00~)で、間が相当空いていた。何をするでもなく、遊んだりお弁当食べたり。
試合は1勝1分けで明日の決勝トーナメントへは進出。内容的にはイマヒトツ物足りない。もう少しキープ時間を増やして、自分らのリズムでやれたらなぁと。負けてもいいから、フラストレーションのたまらない結果であってほしい。明日は学校に行かないと行けないので、トーナメントには参加できないが、学校が終わってからかけつけるとちょうど決勝には間に合う。今日の内容では正直厳しいとこもあるが、今日の予選を見たところ、そこまで突出したチームもいないので、決して劣ってはいないので明日に期待したい。空き時間に遊びでやった、プレイヤー×ビギナーリフティング競争で、なぜか一位になってしまい、試合終了後に無料で似顔絵を描いてもらった。
なったことがある人じゃないとわからないが、体の許容量を越えた動きをすると、次の日ではなく、その日の夜に筋肉痛がくる。はやくも体にガタがきている。ふぅ。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-23 23:58 | Comments(0)

明日疲れきる準備はできている

明日の大会に備え、朝はサッカーで軽く調整。
今日は久しぶりの学校で、行くだけで疲れた~。
二ヶ月ぶりの会計学はやっぱり頭から全部飛んでて、財務諸表の基礎からやり直す。はぁ。
本当は3コマある木曜日だが、2コマは来週から。来週はもっと疲れるな。
授業が終わってからは「西麻布」のツメ。あと6ページで終わる~。
明日はいよいよサッカー大会本番。実はもめてるところもあるのだが、とりあえず勝つことを考える。対戦相手は静岡と東京のチームだが、まったくの未知数なので楽しみではある。その前に出れるかなぁ?正直今日、いろいろなポジションをやらされたおかげで思いっきりペースが狂ってしまった。こういうことをするキャプテンに不満がないわけじゃないけど、全ては終わってから言おう。じゃないと雰囲気が。うちのキャプテンも気が弱く、頼りないこと限りない。素人なので、サッカーの知識も小学生レベル。もっと勉強しなくてはいけない。原前巨人監督みたいな、チーム愛だけでキャプテンになったやつ。悩みをあまり気にしないとこがいいところでもあるが、言われたことをすぐ忘れてしまうのだ。明日は日に焼けよう。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-23 00:17 | Comments(0)

わかっちゃいるけどとめられない。

今日は夏休み最後の日。もちろん学校行くか芝居以外は労働です。
今日のバイトは仲のいい社員さんや、怠惰な高校生バイトが休みだったので、一人で米を出しまくる。ホント出しまくって、一体どれくらい出したんだろうと数えたら1トンなんか余裕で越えてました。10kgの米を100個。そりゃ、腰痛くなるわな~。準社員さんに「あんまりがんばると腰いわすから、ゆっくりでええよ~」とフォローされる。その準社員さんも、月曜日にうちの売り場で発生した違算と、今日、間違いで賞味期限切れの商品を売ってしまった二つのことで大いに頭を悩ませていた。私と同じくらいの子どもがいる人で、社員とバイトの間に立ち、わりとうちらバイト側に立ってくれる人だから、なんとかしてあげたいけど、バイトには何の力もないっす。
最近何人か新しく入った子がいるのだが、そのうちでやたらタメ口の子がいる。私はそういうのをそこまで気にしないタイプと思っていたのだが、どうも気になる。と言うかムカツク。なんて器の小さい人間なんだと、葛藤もあるが、年齢的にも仕事の経験的にも私の方が上なのだ。そしてその彼は人間的にもどうも・・・まず、初めて会ったのに挨拶しない。そういうのって普通、宜しくお願いしますって挨拶するんじゃないの?普通に朝会っても挨拶しない。私がよく一緒に盃を交わす友達は塾でバイトしているが、その子も言っていた。今の子は挨拶ができないって。これは私が体育会系だからそういうのが気になるのか。でもやっぱりダメなんだわ、そういうの。
[PR]
by tsubasahappy | 2005-09-22 00:37 | Comments(5)