ミルを記録する。
by tsubasahappy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
鯨荘日記
カテゴリ
全体
パフォーミングアーツ

未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
演劇
画像一覧

ここで闘うこと。

多賀城市が職場だった友達から、写メが送られてきた。まるで更地のようだった。22日から、建物は骨組みだけになってしまった職場で、仕事が再開するみたいだ。自宅ではなく、家族の家にいるので、仕事をせずに家にいるだけだと、精神的に辛いと言っていたので、給料とか、どうなるのかわからないけど、ひとまずよかった。
弟が被災後、初めてブログを書いた。被災した人の現実ってこういうものだと思う。情報は、まだまだ不足しているし、まだ安否不明な人たちもたくさんいる。僕自身も、家族と連絡の取れない数日、公演のときの疲れすぎや栄養不足のときと同じ症状が体に出て、その数日だけでも辛かったのに、それがまだ続くなんて。
息子を探している母親が、テレビの取材記者から息子の名前を聞かれて、答えなかった。元気で帰ってくると思って探しているのに、言ってしまうと…、と泣いていた。震災から1週間経っていて、物理的な時間を考えれば、悪い結果は予測してしまうだろうが、それでも信じたい、という葛藤と。

関西の友達は、何でもかんでも、自粛や不謹慎という言葉を使うことに、疑問を抱いていた。私も、そう思う。意志のある、意味のあるものではなく、対外的なイメージだけを気にしているなら、やったらいいのに。今回のことで、生活に大きな障害が出ていない地域は、いつも通り、いつもよりしっかりめに、生活を送るのがいいと思う。経済効果を考える企業がいろいろ自粛したおかげで、かわいそうなACジャパン。ラジオからは、一様にがんばれ応援ソング。辟易。

一人の人間が、他人のためにできることなんて、少ない。お金もない私が、実家や故郷や、友達にできることはなかなかない。だからせめて、メディアの関心が、原発に移っても、ここで経過や現状を、継続的に書いていこうと思う。友達には、母校の小学校の校歌をメールしたけど、それを見ても、元気の出る人って限られているから、有名な詩人の詩とかにしよう。

信じる~谷川俊太郎~
笑うときには 大口あけて
おこるときには 本気でおこる
自分にうそがつけない私
そんな私を 私は信じる
信じることに 理由はいらない

地雷をふんで足をなくした
子どもの写真 目をそらさずに
黙って涙を流した あなた
そんなあなたを私は信じる
信じることで よみがえるいのち

葉末の露が きらめく朝に
何をみつめる 小鹿のひとみ
すべてのものが 日々新しい
そんな世界を 私は信じる
信じることは 生きるみなもと
[PR]
by tsubasahappy | 2011-03-21 17:50